iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!
Facebook twitter YouTube Feedly Feed

YouTubeで収益化している人がブログでもアドセンスを始める方法

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2019/03/13

こんにちは、AdSense 公式ヘルプフォーラム エキスパートの竹中です。

YouTubeで収益化している人がブログでもアドセンスを始める方法

スマートフォン等で気軽に動画作成をすることができるようになり、その動画を YouTube にアップしている方も多いのではないでしょうか。また、そのアップした動画を収益化することも可能なため、YouTube でお金を稼ごうと動画作成に一生懸命になっている方も多いでしょう。

さらに「YouTube だけでなくブログでも広告収入を得たい!」と考える方も多いですね。YouTube で思ったように収益を上げることができずにブログでの収益化に転向される方も非常に多いようです。

ブログでもアドセンスを始める時の注意点

ただ YouTube でアドセンスアカウントを取得した方がブログでも広告収入を得たいという場合は注意が必要です。まず YouTube は『ホスト型 AdSense アカウント』と呼ばれています。既にアドセンスアカウントを所有している状態なので、ブログを作成して新規で AdSense アカウントに申請することは絶対にしないでください。

もし新規に申請してしまうと複数アカウント(重複アカウント)として不承認となり、最悪の場合には今まで収益化できていたアカウントもエラーが発生してしまう可能性があります。これは「アドセンスアカウントは一人一つしか所有してはいけない」というルールがあるためです。

以前までは、YouTube で収益化している人がブログにアドセンス広告を貼りたいのであれば、アカウントをアップグレードするための操作が必要でした。しかし2018年の11月からサイト追加の仕組みが変更になった影響から、従来のアップグレードの操作が大きく変更となりました。

スポンサーリンク

アドセンスアカウントにサイトを追加して審査を受ける

合格できるサイトを準備しよう!

YouTube チャンネルを収益化するための条件や審査も厳しいことはご存知だと思いますが、Web サイト/ブログに広告を貼りたい場合も審査が必要で、その審査も厳しいものになっています。

有益なコンテンツがあるサイトでないと承認されるのは難しくなっていますので、予めしっかりとしたサイト/ブログを用意しておいてください。

またサイトの URL は独自ドメインである必要はありません。ただし SeeSaaブログ や はてなブログ など知名度の高いブログサービス等以外のサブドメインでは申請ができないため、独自ドメインを取得されることを強くお勧めします。

さらにアドセンスが使えないブログサービスは使わないように注意してください。例えば「アメブロ」ではアドセンス広告を貼ることができません。どのブログサービスを利用したら良いか分からない方は、下記のページも参考にしてください。

サイトリストにサイトを追加する

広告を貼りたいサイトを用意したらアドセンス管理画面にある[サイト]>[サマリー]ページにあるサイトを追加からサイトを申請します。
サイトを追加

具体的な手順と注意点は下記ページでご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。「www」ありなしに関する注意点などもご紹介しています。

※審査期間等については【アドセンスの審査の期間はどれくらい?審査を早めるには】のページをご覧ください。

審査が完了し承認されれば、管理画面の[サイト]>[サマリー]で追加した URL に「準備完了」と表示されます。この状態になればサイトに広告コードを貼り付けることで広告が表示されるようになります。

Blogger を利用する場合

Google が提供しているブログサービスである『Blogger(ブロガー)』を使用してアドセンスを行いたいという方もいらっしゃるでしょう。しかし Blogger を利用する場合には注意すべきことがあります。

最初にも記載いたしましたが YouTube 経由で取得したアドセンスアカウントはホスト型となっているため、同じホスト型である Blogger の URL ではアドセンスが申請できないようになっています。

Blogger ではメニューの収益から直接アドセンスに申し込みができるようになっているのですが、YouTube 経由で取得したホスト型のアドセンスアカウントの場合はここから申請しないでください。

どうすれば良いかと言うと、Blogger に独自ドメインを設定し、Blogger の収益からではなく、アドセンス管理画面の[サイト]>[サマリー]からサイトを追加して審査を受ける必要があります。

関連記事(一部広告含む)