iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

YouTubeで視聴回数10,000回未満は広告を表示できなくなった!

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2017/04/07
[カテゴリ]YouTube, アドセンス

 YouTube 視聴回数10000回

YouTube は動画をアップすることで、その動画に対して広告を表示させ収入を得ることができます。動画はスマホさえあれば撮影も可能なので、ブログに文章を書かくよりも気軽にできると人気ですね。

多くの方が YouTube に動画をアップして広告収入を得たいと思われていると思いますが、YouTube パートナー プログラムに変更があり視聴回数が10,000回未満のチャンネルは動画に広告を表示できなくなりました。

今までは YouTube アカウントとチャンネルを作って動画を一つでもアップすれば、アドセンスアカウントと紐付けて広告を表示させることができていました。しかし今後は、そのチャンネルでの視聴回数が10,000回以上にならないと広告が表示されず収益を得ることはできなくなるようです。

YouTube パートナー プログラムの概要のページには下記のように記載があります。

2017年4月6日現在、視聴回数が 10,000 回未満のチャンネルは動画に広告を表示できません。YouTube パートナー プログラムの最近の変更点について詳しくは、YouTube クリエイター ブログをご覧ください。

「不適切なコンテンツ(動画)にも広告が掲載されるケースがあるため、大手企業が YouTube への広告掲載を取りやめる事態が続出している」と先日の【今後AdSenseもYouTubeも登録は厳しくBANも増えるかも】の記事でもご紹介しましたが、このような事態も影響していると考えられます。

スポンサーリンク

視聴回数を確かめる方法

今までの視聴回数合計を確かめるには、まず YouTube のクリエイターツール内にある[アナリティクス]>[再生時間]を選択してください。

期間を[全期間]にすれば、視聴回数の合計を確認することができます。
視聴回数の確認方法

今回は視聴回数の合計が10,000回なので、それほど厳しい基準ではないと思います。しかし今後もっと基準が厳しくなる可能性もあります。YouTube チャンネルに魅力的な動画をアップし、多くのファンを付けなければ収益化をすることが難しくなっていくかもしれませんね。

関連記事(一部広告含む)