iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!
Facebook twitter YouTube Feedly Feed

YouTube収益化が超厳しくなる!再生時間4,000時間以上&登録者数1,000人以上

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2018/01/23
[カテゴリ]YouTube, アドセンス

YouTube収益化基準変更!再生時間4,000時間以上&登録者数1,000人以上

2018年2月20日から YouTube パートナープログラムへの参加(YouTube での収益化)がより一層厳しくなります。昨年の2017年4月から視聴回数が10,000回未満のチャンネルは動画に広告を表示できなくなっていましたが、今回の発表ではヘルプページに下記のように記載があります。

新しい基準では、プログラムに参加するためには過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間以上、チャンネル登録者数が 1,000 人以上であることが必要となります。

今まで視聴回数が10,000回以上であれば収益化できたチャンネルでしたが、下記の条件をクリアしないと収益化できないようになることです。

  • 過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間以上
  • チャンネル登録者数が 1,000 人以上

スポンサーリンク

視聴回数が10,000回以上というのは、ある程度チャンネルを運営していれば割りと簡単に到達できる基準でした。今後は視聴回数ではなく再生時間とチャンネル登録者数が必要となります。公式ブログでも概要が紹介されておりますが、ガイドラインやポリシーに従わず不適切な動画を公開するユーザーが後を絶たなかったことが今回の変更の原因となっているようです。

2017年11月頃から YouTube から AdSense と関連付けを行おうとしても審査が進まず、長期間に渡り審査が完了しない現象が起きていましたがこの影響だった可能性がありますね。

視聴回数が10,000回以上の基準により、今まで収益化できていたチャンネルであっても、新しい基準をクリアしていないと収益化ができなくなります。つまり基準をクリアしていないと一旦は収益化が無効となり、基準をクリアした段階で厳格な基準に基づいて自動的に審査され、問題がなければ収益化が始まるとのことです。

また単純に再生時間やチャンネル登録者数だけで収益の受け取りが適切だと判断されるわけでなく、コミュニティの状況やスパムを行っていないか、悪いフラグが立っていないかなども考慮されるようです。

要は、動画の観覧者にとっても広告主にとっても有益で質の高い動画を提供できるチャンネルのみが収益化できるようにしていくという傾向が、より強まったことになります。

今回の基準は今までの基準と比較すれば確かに厳しいものになったと思います。しかし、これくらいの基準をクリアできないチャンネルは、そもそもある程度の収益を得ることもできないはずです。残念ながら今はまだ基準に達していないチャンネルをお持ちであれば、より質の高い動画を継続的に投稿していくか、別の収益化方法をお考えになった方が良いでしょう。

動画の収益化は YouTube だけではありません。他にもプラットフォームはありますので、YouTube 以外を選択肢に入れ検討することもありなのではないでしょうか。

関連記事(一部広告含む)