iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

リンクユニットはアドセンスの収益アップにかなり貢献する!

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2016/08/18
[カテゴリ]アドセンス

こんにちは、Google AdSense 公式ヘルプフォーラム トップレベルユーザーの竹中です。

Googleアドセンスには様々な種類の広告が存在しています。現時点で利用できる広告の種類は下記の通りです。

  • 「広告ユニット」…テキストや画像で表示される
  • 「検索ボックス」…検索ボックスで検索された時に広告が表示される
  • 「リンクユニット」…テキストでキーワードが表示されクリックすると広告が表示される
  • 「関連コンテンツ」…関連記事を表示させ、その中に広告を含める
  • 「ページ単位の広告」…スマホサイト向けに全画面広告やアンカー広告を表示させる

アドセンス広告をブログ等に設置する際、多くの方が注目し力を入れるのが一般的な「広告ユニット」でしょう。どのサイズの広告ユニットをどこに設置するかということを一生懸命テストされている方も多いと思います。※「○○に広告を設置するとクリック率が上がる!」という王道の設置場所などは下記ページでご紹介しております。

また割と最近に一般公開された「関連コンテンツ」や「ページ単位の広告」にも注目している方が多いですね。「関連コンテンツ」は収益アップに大きく貢献しているので是非とも設置していただきたいと思っています。※関連コンテンツは条件を満たしたサイトのみ使用可能。

ページ単位の広告」はサイト観覧者にとって目障りと感じやすい広告の割には、収益に繋がりにくいと感じています。少なくとも私が運営しているサイトではそれほど収益には貢献していません。現時点では操作の邪魔になりやすいアンカー広告は外しています。

スポンサーリンク

実はリンクユニットがすごい!

あなたは「リンクユニット」を使用されているでしょうか?リンクユニットは下図のようなテキストキーワードの広告です。
リンクユニットのサイズ・種類
リンクユニットの種類

昔からある広告ですが見た目に派手さが全然なく、テキストでキーワードのみなので敬遠されがちな広告です。しかもリンクユニットの場合は、その表示されているキーワードをクリックした先でさらにクリックされなければなりません。ですから「リンクユニットって収益になるの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

確かに地味で効果がなさそうなリンクユニットですが、実は収益にかなり貢献する可能性がある広告です!

具体的な数値を公開することは利用規約違反となってしまいますので申し上げることができませんが、少ないサイトでも収益全体の約4~5%、多いサイトだと25~30%もあります。

もちろんコンテンツによって、サイト構成によって収益への貢献度は変わってきます。ですが全く使わないというのは非常にもったいないことです。

リンクユニットは広告サイズも小さいので、ちょっとしたスペースに入れやすいです。今はレスポンシブタイプのリンクユニット広告も選択ができるので、横幅や縦幅のことをあまり気にする必要もありません。
link-unit01

どこに設置すればいいの?

リンクユニットの設置場所にお困りであれば、とりあえずは空きスペースがある場所でOKです。お勧めはサイドバーやヘッダーですが、まずはどこでも良いので設置して反応があるかをテストしてください。

当サイト iscle でも現時点でヘッダーとサイドバーに掲載しています。
link-unit03

1ページに2つか3つ入れてみて収益増加に貢献するかを確かめてみてください。昔からある広告ですが無くならずに今も存在し続けているということは、一定以上の収益に貢献するためだと考えられます。もしまだ設置していないのであれば今すぐ設置してみてください!

関連記事(一部広告含む)