iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

Webサイトで10年稼ぎ続ける為の秘訣とは?

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2014/06/19
[カテゴリ]Web・IT, ビジネス

webサイトで10年稼ぐために

2014年6月15日、当サイトiscleは10周年を迎えることができました。多くは無いものの、運営し始めた年から収益を上げてきたサイトです。ガッツリ稼いでいるサイト運営者の方々に比べれば大したことではありませんが、今回は私がiscleを10年間運営してきた中で、収益を上げ続ける為に重要だと感じたことを紹介したいと思います。

変化に柔軟に対応する

ビジネスは変化に柔軟に対応していくことが必要で大切だと言われています。特にWebの世界は変化が激しく、次から次へと新しいサービスが生まれ、そして消えていきます。例えば1年間など「短期間だけ稼げれば良い」というのであれば、その時に流行っているものや流行りそうなものを提供し、飽きられたら終了すると割り切って行う方法もあります。しかし長期間に渡ってビジネスを展開し収益を上げていくのであれば、短期的な視点だけでなく長期的な視点、さらに世の中の流れや環境に柔軟に対応していく必要があるでしょう。

つまり「変化」することが大切なのです。iscleも10年運営する中で、その時々の環境に合わせて次のようなことを変化してきました。

コンテンツ

iscleを運営し始めた当初は、便利だと思うサイトへのリンクを貼ってあるだけの極めて単純なサイトでした。多くの人に利用してもらう為のサイトというより、私自身がよく利用するサイトのリンクを貼っていただけのものです。徐々にアクセス数が増えてくるにつれて、ユーザー(サイト利用者)にも便利なサイトであるよう、便利サイトへのリンクを増加させました。

FC2やジオシティーズなど、無料で簡単にホームページが作成できるサービスが流行りだした頃は、ユーザー自信のサイトを紹介できるようなサイトに変化させました。具体的にはYomi-Searchと言うディレクトリを作成できるフリーソフトを利用して、ユーザー自信のサイトを登録・紹介できるようにシステムを設置しました。

ディレクトリ型の検索サイトとして知名度が上がり、多くの人がアクセスしてくれるようになりました。しかし、誰でも自由にディレクトリに登録できるようにしていた為、好ましくないサイトの登録が増え続けて管理が難しくなったのです。そこでサイト登録は審査制にすることにし、ディレクトリが荒れないように精査する時期が続きました。

wordpress14この辺りからディレクトリ型のサイトが流行らなくなったこともあり、全面的に出していた「ディレクトリ型のサイト」という印象を徐々に消していくことになります。リンク集的なサイトやページは「コンテンツと」しては優良ではなくなってきた為、WordPressを導入して今のようなコラム(記事)を提供するようにしました。

ザックリとiscleのコンテンツの変化を紹介しましたが、10年前と今では提供しているものが全く異なります。そして今後の5年・10年先を考えた時、きっと今とは異なるものを提供するのではないかと思っています。ある時に流行っていたものが一生流行るということはありません。ユーザーに求められなくなった時点で(もしくはもっと手前から)、思い切って別のコンテンツに切り替えていくというのは必要不可欠なことだと感じています。

また今後サイトを成長させ収益を上げていくには、日本語コンテンツだけではなく、海外にも目を向けたコンテンツを提供していくことがポイントになるのではないでしょうか。
Googleで聞いたサイトを中長期的に成長させるポイント

サイトの宣伝手段

様々な宣伝手段サイトを多くの方に利用してもらう為の宣伝手段も変化してきました。当初から今でも活用しているのがSEOとメルマガです。とは言ってもSEOはGoogleのアルゴリズムに合わせて対応していかなくてはなりませんし、メルマガも内容が宣伝重視のものからコンテンツ重視へと代わりました。

今であればSNS(facebook・twitter・Google+)を積極的に取り入れています。SEOに全力を注いでいるサイトを運営者の方も多くいますが、検索順位はGoogleの変化一つでゴロッと変わってしまうというリスクが存在します。大きなサイトになればなるほど、その影響力も大きくなります。SEOは大切な要素ですが、それだけでなく環境に合わせて様々な宣伝手段を取り入れることをお勧めしています。

また近年重要視されているのがブログによる宣伝です。ショッピングサイトのような商用サイトでブログを活用し、成功を収めているサイトが増えています。詳細は【なぜ商用サイトでもブログが必要か?】の記事をご覧ください。

サイトのデザイン

サイトのデザインを変化

サイトのデザインも度々マイナーチェンジを繰り返し、2年に1度は大幅リニューアルをしています。これは見た目を良くするという目的ではなく、ユーザーにとって使いやすいサイトになるように改良を行うことが大切です。[カッコイイサイト=使いやすいサイト]では無いため、アクセス解析やヒートマップ等のツールも利用して、必要な情報がユーザーに届いているのかを検証しなくてはなりません。
無料でモバイルサイトのヒートマップ機能が使える『Pt engine』!

最近はスマートフォンやタブレット等のモバイル端末の普及によって、それらでアクセスしても分かりやすく操作のしやすいサイトにすることが強く求められています。パソコンでのアクセスが中心だった以前とは違い、今後はモバイル端末を中心にサイトデザインを考えなくてはならないでしょう。

オンラインとオフライン

特に最近になって感じていることは、オンライン上だけでビジネスを展開するのではなく、オフラインも積極的に取り入れていくことの魅力です。人と合わずにネット上だけで収益を獲得できるという理由で、ブログ運営を含めネットビジネスを行っている方も多いのではないでしょうか。オフラインだけでもビジネスとして成り立つというのはネットビジネスの大きなメリットです。私もそのメリットに魅力を感じてネットビジネスを始め今に至っていますが、実際に人と会って交流することで生まれるものは大きいと感じています。

iscle 10周年パーティにて

この写真は先日、iscle 10周年記念パーティを開いて頂いた時の写真です。自分だけで考えるより、住んでる場所・得意分野も全然異なる人たちと一緒になって考える方が「何が生まれるか分からない面白さ」があります。もしオンラインだけにしか目を向けていないのであれば、オフラインでのつながりを大切にしてみてはいかがでしょうか。

この時も、自分だけで悩んでいたことが他の人の意見等によってスッキリしたり、様々なコラボレーションの話が出て今後に繋げることができそうです。
(10周年記念パーティの幹事をして頂いたのは脱出ゲーム攻略サイト『Transparently』を運営される榊裕次郎さんです。オリジナル・リアル脱出ゲームを企画して頂き、とても盛り上がりました!)

10年同じことをやり続けるわけではない

最初にお話したように、Webサイトで10年稼ぎ続ける為の秘訣というのは「環境の変化に対応し、自信も変化していくこと」です。

いま稼げているという方であっても、これから始めるという方であっても、1年後には違ったことを行う必要性が出てくるかもしれません。「10年稼ぎ続ける」というのは、今やっていることを10年以上ずっと続けなくてはならない事ではありません。むしろ同じことを続けていては、変化に対応できずに廃れていってしまうでしょう。

同じことを繰り返し行うというのはモチベーションも続きません。長い期間サイト運営を続けるにはモチベーションの維持は必要不可欠です。「今度はこんなコンテンツにしよう!」「次はあの宣伝方法を試してみよう!」など、積極的に変化させ楽しむことが大切であり、最大の秘訣かもしれません。