iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

なぜ商用サイトでもブログが必要か?SEOやSNSで成功するために

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2014/07/04
[カテゴリ]SEO, Web・IT, ビジネス

商用サイト×ブログ

ショッピングサイトや企業サイトのいわゆる商用サイトでは、自社の商品やサービスを紹介するページが多くを占めています。商用サイトだからこそ多くの人に見てもらい、商品やサービスに興味を持ち購入してもらいたいわけです。

まず多くの人に見てもらうためにSEOやSNSに力を入れている企業がたくさんあるでしょう。しかし検索順位を上げるためにSEO業者に依頼してリンクを貼ってもったり、商品を紹介するためだけにSNSを利用しても思ったように商品は売れませんし口コミが広がることはありません。なぜなら、ただアクセスを集めることばかりに目が向いてユーザーに目を向けていないからです。

ブログが必要な理由

商用サイトでもブログを活用した方が良いと言われていますがなぜでしょうか?

「ブログなんて面倒だ」
「何を書いたら良いか分からない」
「今さらブログ?」

と思われる方も多いと思います。

ブログは「個人が日記を書くもの」というイメージで捉えている方もいるでしょうが、日記という小さな範囲だけでなく企業が情報を積極的に提供していく便利なツールです。ブログをうまく活用している企業は安定したアクセスを稼ぎ売り上げにも貢献しています。またSNSはブログとうまく連携させることでその効果を発揮するので、「SNSを利用しているからブログは必要ない」と思うのはもったいないことです。

ただ単に商品の販売ページがたくさんあるサイトよりも、ユーザー目線で商品を通してどのような体験ができるのかを具体的に情報提供しているサイトの方が良いと思いませんか?

商品と関係なくても、ユーザーにとって役立つ情報を提供してくれるサイトには恩返しをしたくなるものです。それは商品の購入ということだけでなく、例えばサイトをSNSで紹介したり、ユーザー自身のブログで紹介したりすることです。

SEOに貢献する

SEOに貢献するブログ

商用サイトを積極的に紹介する人は少ないため、情報サイトよりもリンクを獲得するのが難しく順位も思ったように上がりません。しかし上記のようにユーザーに役立つ情報を提供し、ユーザー自身のブログで紹介してもらえれば、SEOの面から見れば「自然なリンク」を獲得することができます。SEO業者に依頼して大量に貼られるような「不自然なリンク」に対してGoogleは敏感に反応し重いペナルティを課す可能性があるため、このようなリスクを回避して順位を上げたければ自然なリンクを獲得しなくてはなりません。

またリンク獲得という面だけでなく、ロングテールで様々なキーワードで検索されアクセスを伸ばしてくれる要素になります。特定のビッグキーワードやミドルキーワードにこだわったSEOだけではライバルも多く安定しない可能性も高いですが、適切にコンテンツを増やしロングテールで様々なキーワードからのアクセスが増えれば安定もします。

ドメインは取るべき

既にブログはアメブロやFC2のようなレンタルブログを利用している場合、もしくはこれらを利用しようと考えている場合はちょっと待ってください。気軽に無料で始められるレンタルブログですが、これらのドメイン(URL)は決められたものであり基本的に商用サイトのドメイン下で運営することができません。しっかりブログにコンテンツを追加していき、SEOのメリットも得たいのであれば独自ドメインでブログを運営すべきです。

なぜなら、レンタルブログでどれだけたくさん有益な情報を提供してリンクを得たとしても、SEO面ではレンタルブログの評価が高まるだけで肝心の商用サイトの評価が直接高まるわけではないからです。Wordpress等の無料ブログシステムを独自ドメイン下で運営し商用サイト全体の評価アップを目指しましょう。

ブログとSEO

SNSと口コミ

ブログはFacebookのようなSNSを利用する場合にも活躍します。口コミを広げるためにSNSを利用し始めた企業が多いと思いますが、上手く口コミを拡げ売上に貢献させている企業は少ないのが現状でしょう。

なぜ上手く活用できない企業が多いのでしょうか?

  • SNSを利用するだけだ口コミが勝手に拡がると思っている。
  • 投稿は商品の宣伝ばかりである。
  • ファンが簡単に増えると思っている。

このように考えてはいないでしょうか。

実際にSNSを利用してみれば分かることですが、ファンが勝手に増加して口コミが自然に拡がっていくことはほとんどありません。ファンを増やすために広告を出したりキャンペーンを打ったりすることも必要でしょうし、どのような内容を投稿すれば「いいね!」やシェアされるかを研究することも必要でしょう。

よほど面白い商品でない限り、商品がSNSで拡がって話題になったりしないので、SNSであってもユーザーにとって役立つ情報を提供することが大切です。しかしSNS上では見てもらえる文字や画像に限りがあるため、詳細はブログに記載して誘導するのが望ましいのです。ブログに誘導することで、その内容が評価してもらえればSEOにつながる可能性も十分にあります。

ブログがSNSでも話題になってもらうためのポイントは、内容はもちろんのこと目を引くような画像や動画が含まれているかどうかです。例えば目を引く画像があるだけで、facebookのタイムライン上では目立つことができ「いいね!」やシェアされる可能性も高まります。
biz-blog-02

ユーザーへの情報提供・SEOとして・SNSでの口コミなど、ブログを活用することでビジネスが拡がる可能性は十分にあります。ブログを始めて即効果があるというものではありませんが、やるメリットは大きいはずです。サイトへのアクセスが少ない、売上が少ないと悩んでいるのであれば是非実践してみてください。