iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

下書きのつもりで「公開」してしまうミスを回避するWPプラグイン

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2015/10/11
[カテゴリ]Wordpress

下書きのつもりが公開してしまった

WordPressでブログ記事を書いている時、アクシデントによって途中まで書いていた内容が消えてしまうというリスクを回避するためにも、定期的に下書きとして保存ボタンをクリックして保存している方は多いと思います。

ところが、慣れている人ほど無意識に下書きではなく公開ボタンを押してしまうものです。「しまった!まだ途中なのに間違えて公開してしまった!!」と投稿を非公開にしたりという経験は一度はあるでしょう。私も何度もやってしまっています・・・。

気を付けているつもりでもミスしてしまうものなので、公開ボタンを押してしまってもすぐに公開されないようにすれば良いと思いませんか?このようなミスを回避する便利なプラグインがあります。

スポンサーリンク

アラートを出してくれるプラグイン

WordPress管理画面のプラグイン新規追加から『One Step Before Publishing』を検索してインストールしましょう。

インストールするだけで特に設定をする必要はありません。投稿ページで公開を押してみると、「記事を公開してもよろしいですか?」というアラートが表示されます。
koukai

このアラートが表示されるだけで、下書きのつもりで公開してしまうという単純なミスを回避できますね!一度公開ボタンを押してしまうとRSSが配信され修正がききません。恥ずかしい思いをしないようにこのプラグインを入れてはいかがでしょうか。

それでも誤って公開してしまったら、下記の「公開から下書きに戻す」方法をお試しください。

関連記事(一部広告含む)