iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

WordPressでアップした写真が劣化して画質が悪くなるのを防ぐ方法

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2016/02/14
[カテゴリ]Wordpress

pic-up-rekka-a

WordPressで写真等の画像をアップすると、何故か画質が劣化して表面がザラザラとした感じになってしまって見た目が悪くなることがあります。WordPressでは画像をアップするとサムネイルや中サイズ・大サイズと、自動的にオリジナル画像から縮小サイズが生成されます。

「縮小されるから仕方がないのかな」と思っていませんか?でも明らかに画質が悪く劣化していると感じるのは嫌ですよね。こんなにも劣化するのは何故でしょうか?それは、WordPressでアップしてリサイズされた画像は初期状態で圧縮されるようになっているからです。

スポンサーリンク

写真が劣化してザラザラになるのを防ぐ

初期状態では写真等の画像をアップしてリサイズされる際に90%のサイズ(容量)に圧縮されるようになっています。

サイトの表示速度を少しでも上げたいという場合は、ある程度圧縮してサイズを小さくするのは必要なことだと思います。画質が劣化しても問題ないというサイトであれば良いのですが、綺麗な画像で魅せるサイトの場合はそういうわけにもいきませんね。

もし自動で圧縮されるのが嫌であれば、下記のコードをテーマの「functions.php」に追加してみてください。「100」の部分が圧縮率をコントロールする部分です。数値が小さくなるほど圧縮されるので劣化します。

add_filter( 'jpeg_quality', function( $arg ){ return 100; } );

ちなみに、CDNであるプラグイン『Photon』を利用している場合は、上記の設定をしても画質が劣化したままです。WordPressにアップした時は劣化しないのですが、Photon側で圧縮するため画像がPhotonから読み込まれ表示されるのは圧縮されたものだからです。

関連記事(一部広告含む)