iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

アドセンス広告をWPのウィジェットに貼るとエラーが表示される場合

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2017/11/29
[カテゴリ]Wordpress, アドセンス

こんにちは、Google AdSense 公式ヘルプフォーラム エキスパートの竹中です。

AdSense 広告でエラーが表示される

ブログでお使いになっている方が多い WordPress ですが、バージョンが上がり WordPress 4.9 になってからウィジェットの[カスタムHTML]にアドセンス広告を貼るとエラーが表示されるようになりました。

私の場合 WordPress ではウィジェットを使ってアドセンス広告を設置していないので知らなかったのですが、フォーラム「アドセンスコードを貼るとエラーが表示され保存ができない」と投稿があり、フォーラム内で注目ユーザーの Chico M さんに

WordPress 4.9で、新たにカスタムHTMLのウィジェットでコードを貼ると赤色で警告マークが表示されている箇所があると保存できない状態になることがあります。

と言及していただき知りました。

確かに WordPress 管理画面のウィジェットで[カスタムHTML]にアドセンス広告のコードを貼ると (!) のアイコンでエラーが表示されます。エラーの内容を確認してみると次のようになっています。(※コードタイプ「同期」の場合)

(!)Strings must use singlequote.
(!)’google_ad_slot’ is not defined.
(!)’google_ad_width’ is not defined.
(!)’google_ad_height’ is not defined.

コードタイプ「非同期」の場合は

‘adsbygoogle’ is not defined.

と表示されます。

アドセンスに限らず、もし赤色の (!) アイコンが表示される場合は保存ができません。

エラーの対処方法

初めてこのエラーを確認した時は「Strings must use singlequote.」のエラーが赤色になっており保存ができない状態でした。しかし私が今確認したところ、エラーがオレンジ色になっていました。オレンジ色であれば保存ができ、おそらく広告も問題なく表示されていると思います。念のため広告が正しく表示されているか、コードが改変されていないかをご確認ください。

もし赤色のエラーで保存ができなければ、「Strings must use singlequote.」の意味はシングルコーテーションを使えということなので、アドセンス広告コード内にある「”(ダブルコーテーション)」を「’(シングルコーテーション)」に変更してみてください。

またウィジェットで[カスタムHTML]を使うのではなく[テキスト]を使い広告コードを設置すればエラーは表示されません。

関連記事(一部広告含む)