iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

動画アップはYouTubeだけじゃない!限定公開はVimeoがお勧め

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2016/09/21
[カテゴリ]Web・IT, YouTube

動画を撮影してor作成してWeb上で観てもらいたいと、動画を公開している方や企業はたくさんあります。ご存知の通り、YouTubeを利用すれば無料で簡単に動画が公開できるので利用している方は多いでしょう。しかし、全ての方にとってYouTubeが完璧な動画公開ツールであるとは限りません。

実は限定公開が苦手なYouTube

全ての動画が一般公開され、不特定多数の人に観てもらいたいとは限りません。特定の人だけに観てもらいたい場合・特定のグループにだけ観覧できるようにしたい場合など、限定的に動画を公開したいということもあるでしょう。

しかしYouTubeはそこが苦手としています。YouTubeの公開設定は公開限定公開非公開の3つです。特定の人や特定のグループだけに観てもらいたいのであれば限定公開にすれば良さそうですが、この限定公開には落とし穴があります。
youtubeの公開設定

YouTubeの限定公開というのは、YouTube上でその動画が検索されないということだけで、動画のURLを知っていれば誰でも観覧が可能です。例えば特定のグループの人にだけに観覧できるように限定公開にしても、グループ内の誰かが動画のURLをグループ外の人に教えれば観覧できてしまうのです。

会員制サイトに使えないYouTube

手軽に動画が公開できるYouTubeを利用して、特定の会員のみ動画観覧を許可する仕組みを作りたいと考えている方もいるでしょう。例えば有料会員にのみ会員用のサイトで動画を公開するというようなケースです。

会員はIDとパスワードで会員制サイトにログインし、ログインしている人しか動画が観覧できないようにしたい場合、YouTubeの限定公開では動画が外部に漏れる可能性は大です。サイトに埋め込んだ動画であっても、動画のURLを共有することが可能だからです。
vimeo-y05

先日会員制サイトの作り方もご紹介致しましたが、特定会員のみ動画を公開したい場合はYouTubeは不向きということが言えます。
会員制サイトを簡単に作成する方法と手順

限定公開はVimeoがお勧め

上記の理由から、本当に特定の人・グループだけに観覧を許可するような場合にはYouTubeは適していません。もし柔軟な公開設定が必要であれば『Vimeo』がお勧めです。

vimeo
https://vimeo.com/

VimeoもYouTubeのように動画をアップロード&公開できるサービスですが、公開設定がとても柔軟に可能です。例えば動画にパスワード設定を付けることができ、パスワードを記入しなければ観覧できないようにできます。また特定のWebサイト(ドメイン)でなければ動画が観覧できないようにすることも可能です。つまり会員制サイトにログインしなければ観覧できないという制限を動画に付けることができるのです。

ただしVimeoは無料版・有料版(Vimeo Plus/Vimeo PRO)があり、無料版は多少制限があります。特定のWebサイト(ドメイン)でのみ観覧できるようにする設定は有料版だけの機能です。
vimeo-y02

Vimeo PROを利用した場合の設定画面ですが、誰が動画を観れるかやサイトの埋め込みに関しても柔軟に設定ができます。
vimeo-y03

また共有ボタンを表示させるか、独自のロゴを入れるかなども詳細に設定可能です。
vimeo-y04

YouTubeはそれでメリットもたくさんありますが、「動画公開=YouTube」だけではありません。公開設定など様々な要素も含めて動画公開サービスを検討・利用するのが良いのではないでしょうか。