iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

LINEで自分のアカウントをメールで教える方法

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2014/10/16
[カテゴリ]Web・IT, LINE

LINEアカウントをメールで伝えるLINEで新しい友達とやり取りをしたい場合、自分が相手のアカウントを検索するか、相手に自分のアカウントを検索してもらわなくてはなりません。会っている時ならQRコードで読み取ってもらったり「ふるふる」の機能を利用してアカウントを探すことができます。

しかし近くにいない場合には使えないので、やはりアカウントを検索してもう必要があります。正直面倒ですよね。

ところが18歳未満のユーザーは検索機能が利用できないようになってしまいましたので、検索できずに困っているという方も多いでしょう。(私は18歳以上なのに「18歳以上が確認されない方は、本機能をご利用できません。」と表示され検索機能が利用できなくて困っています…。)

今回は検索機能を利用せず、相手が近くにいなくても友だち追加ができるように、自分のアカウントをメールで教える方法をご紹介します。相手に面倒な作業をさせなくても済むのでとても役立ちますよ!

メールで友だち追加

実は標準機能でアカウントをメールで伝える方法があります。
まず「その他」→「友だち追加」→「アドレス帳」の順番にタッチします。
友だち追加 アドレス帳

招待方法としてSMSかE-mailを選択しましょう。
招待方法

アドレスの一覧が表示されますので、ここの中にある場合は「+招待」を押しましょう。もしここに無い人を追加する場合は、右上の「+」からアドレス帳を開けることができます。
招待

すると招待メールが作成されます。そのまま送信しても良いのですが、アカウントの追加に関わる部分は「LINEに登録後、LINEをお使いの端末から下のリンクをクリック!」の下にあるリンクのみですので、その部分以外を削除して送ってもOK!
アカウントへのリンク

受け取った側が上記リンクをクリックすると次のように表示され、「追加」ボタンを押せば友だちとして追加が完了します。
追加の完了

相手に手間をかけさせない方法としても便利ですので、ぜひ友だち追加の際には利用してみてください。