iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!
Facebook twitter YouTube Feedly Feed

YouTubeでコメントやチャットがスパム扱いされる原因や対策とは?


執筆者:
[最終更新日]2020/11/02
[カテゴリ]YouTube

YouTubeでコメントがスパム扱いされる原因や対策とは?

YouTube で動画に対してコメントやチャットメッセージを投稿しても、スパム扱い(スパム判定)されてコメントが表示されない・削除されてしまうことがあります。コメントが表示されない原因はたくさんあり、その詳細は下記のページでもご紹介しておりますのでご確認ください。

このページではコメントが表示されない原因の一つでもある、コメントスパムについて原因や対処方法などについてご紹介いたします。なお動画でも分かりやすく解説をしていますのでよろしければご覧ください。

コメントスパムと判断されるとどうなるの?

まず投稿したコメントがスパムと判断されるとどのようになるのかご存知でしょうか?スパム判定されたコメントはコメント欄に表示されなくなります。そしてチャンネル運営者がコメントを確認し承認するまで表示されません。

チャットだと不適切な可能性があるメッセージとして保留され、[表示]を選択するまでチャット欄に表示されません。

チャンネルを運営されている方であればご存知かもしれませんが、スパム判定されたコメントが存在すると、チャンネル運営者側にはコメント管理の画面でこのように[スパムの可能性あり]もしくは[確認のために保留中]の項目に表示されます。
スパムの可能性あり

このチェックマークをクリックして承認することで、コメント欄に表示されるようになります。
チェックマークをクリックして承認

コメントスパムと判断される原因

コメントスパムと判断されてしまう原因もいくつかあります。

スポンサーリンク

スパムとして報告される

まず「スパムとして報告される」ことがあります。

YouTube では各コメントや各チャットに対して報告する機能があり、チャンネル運営者だけでなく一般ユーザーも報告することが可能です。そして多くのユーザーからスパムとして報告されると、チャンネル運営者によって承認されるまで非表示となってしまう可能性があります。
スパムとして報告

不快だと感じたり商業目的だと思われるようなコメントの場合、多くのユーザーによって報告されてしまうこともあります。動画に対するまともな意見であったとしても、批判的な内容であったり書き方が暴力的であったり、また上から目線だと感じるようなものだと報告されやすいと思います。

コミュニティ ガイドラインへの違反

YouTube のコミュニティ ガイドラインに違反するような内容が含まれるコメントを行うことでスパムとして判断される可能性があります。例えば大きく分けると4つあります。

1つ目が「スパムと欺瞞(ぎまん)行為」です。人を騙したり誤解させるような内容、詐欺、なりすまし、不正を行うことを目的とするようなもの、他にも動画やチャンネルの評価を操作しようとしてコメント等を行う行為もあります。

2つ目が「デリケートなコンテンツ」です。性的なコンテンツや自傷行為、子供の安全に害をもたらす可能性があるものがあります。

3つ目は「暴力的または危険なコンテンツ」です。宗教や人種・性別など個人や集団に対する暴力や差別を助長する内容、暴力事件などを奨励・称賛する内容、嫌がらせやネットいじめに関する内容などがあります。

4つ目は「規制対象の商品」に関してです。アルコールや爆発物・麻薬・処方箋なしの医薬などを購入できるサイトへのリンク、メールアドレス、電話番号などの手段を投稿することなどがあります。

コメントの頻度や内容

次によくある原因として同じコメントを繰り返し投稿すること、または短時間に非常に多くのコメントをすることがあります。

コメントの内容にコミュニティ ガイドラインに違反するものや悪意が無いものであったとしても、全く同じ内容のコメントを繰り返し投稿している場合や、短時間で多くのコメントを投稿している場合にスパム判定されやすくなる可能性があります。

例えば「ありがとう」という感謝のコメントだったとしても、「ありがとう」だけのコメントを短時間で各動画に投稿しているような場合も注意が必要だと思います。また絵文字だけの投稿(特に絵文字だけをたくさん並べただけのコメント)もスパムと判断されてしまっていることが多いように感じています。

NG ワードが含まれている

チャンネル運営者は特定の単語を含むコメントやチャットをブロックすることができます。この単語ブロックに該当したコメントやチャットを投稿すると、投稿者本人には表示され、チャンネル運営者や他のユーザーには表示されなくなります。

もし特定の言葉を入れたときだけ表示されないという場合は、設定されている NG ワードが文章内に含まれている可能性があるので文章を確認してみてください。ただし、一度単語ブロック機能によってブロックされたコメントは編集機能から変更しても表示されませんので再投稿する必要があります。

スパム判定を解除する方法は?

ブロックされているわけでないのにコメントを投稿しても表示されずスパム判定されていると思われた場合、どのように解除すればよいかが知りたいとことですよね。ただ自分自身で「私はスパムを行っていません、解除してください。」と YouTube 側へ依頼するような窓口はありません。

もしスパム判定されてしまっているのであれば、チャンネル運営者にコメントを承認してもらう、もしくはホワイトリストに入れてもらうことが有効だと考えられます。

他のユーザーや YouTube 側からスパムだと思われていても、動画やコメントを管理するチャンネル運営者によって「このコメントは問題ないです」と承認されれば表示されるようになりますし、YouTube に対しても「このコメント投稿者は大丈夫です」というシグナルになるのではないかと思います。

しかし、チャンネル運営者に承認してもらうよう依頼することが難しい場合がありますよね。運営者がスパムの可能性があるコメントまで見ているとは限らないので、YouTube 上のコメントで承認を依頼しても見られないかもしれません。

もしチャンネル運営者が Twitter やインスタグラムなど別のコミュニケーション手段を持っている場合は、そちらからもメッセージを投げかけてみることで対応してくれることがあります。

どうしてもスパム判定されやすい状態が解除されない場合、残念ですが現状では別のアカウントを使用するしかないと思います。

自分が問題ないと思っているコメントやチャットであったとしても、実はガイドラインに違反する内容が含まれていたり、他のユーザーを不快にさせてしまってスパム報告されてしまうことは誰にでもあり得ます。コメントやチャットは投稿する前に一度問題がないか確認してから行うのが良さそうですね。

あなたのシェアがとても嬉しい!

関連記事(一部広告含む)