iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!
Facebook twitter YouTube Feedly Feed

短い動画が求められる!? Googleの新動画投稿サービスTangiとCameos

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2020/05/27
[カテゴリ]Googleサービス

短い動画が求められる!? Googleの新動画投稿サービスTangiとCameos

Google が提供している動画投稿プラットフォームに YouTube がありますが、実は YouTube 以外にも動画を投稿できるサービス/プラットフォームがあることをご存知でしょうか?

YouTube は今や誰でも知っている超有名なサービスですが、今回ご紹介したい2つの動画投稿サービスも今後注目され伸びていく可能性があります。もしあなたにも相性が良さそうであれば是非試していただければと思います。

このページではテキストと図でご紹介もしていますが、動画でもご紹介していますのでよろしければご覧ください。

スポンサーリンク

Google Cameos

つい先日(2020年5月13日)日本でも使用ができるようになったのが Google Cameos(カメオス)です。Cameos は Google 検索で表示される動画で、主に著名人を検索した際に、その著名人に関してよく聞かれる質問に対して本人が動画で回答したものが表示されます。

例えばタレントのローラさんを検索してみると、「すぐに良い気分になるのはどの曲ですか?」「今何を読んでいますか?」などの質問に関して本人が投稿した短い動画が表示されています。Cameos の動画は現時点で YouTube の動画スペースよりも上位に表示されるケースが多いのも特徴です。
Google 検索でcameosの動画が表示された例

著名人本人が動画で回答しているので、第三者によるデマ情報が蔓延するのを防ぐことにも役立ちそうですし、ファンも喜びますよね。

「著名人だけしか使えないの?」と思われた方も多いのではないでしょうか?まだ日本では公開されたばかりなので一部の著名人だけしか動画の投稿はできないかもしれませんが、英語圏では昨年から一般ユーザーによる動画も表示されています。

例えば「eggs(卵)」と検索した際に、卵に関するよくある質問に対する一般ユーザーの回答が表示されます。
Cameos によって投稿された動画

昨年開催された Google のサミットに参加した際に、Cameos での動画再生時間はどれくらいなのかという質問がありました。その時の回答では、時間制限を設けていないが1分程度であることを想定しているというようなものでした。長い動画で質問・疑問に答えるというよりは、サクッと短い動画で回答する方がユーザーにとっても好まれるのだと思います。

動画の投稿はスマホのアプリから行います。iOS でも Android でも「Cameos on Google」という名前でアプリが提供されているのでダウンロードしてみてください。

現時点ではまだ全てのユーザーが動画を投稿できるわけではなく、メールアドレスを登録して招待された方のみ使用が可能になっているようです。興味がある方はアプリ内からぜひ登録してみてください!ちなみにどのように動画を投稿するのかを体験することができるデモもアプリ内で用意されているので試してみると良いと思います。

Tangi

次にご紹介したいのが 2020年1月29日 にリリースされた Tangi(タンギ)という動画共有サービスです。Tangi の特徴はハウツー系の動画に特化し、さらに再生時間は60秒以内となっています。ハウツー系の動画は YouTube でも人気があり求められている分野ですね。

またハウツーの中でもジャンルが現時点でアート、美容、料理、DIY、部屋の装飾、ライフスタイルなどに絞られています。今後ファッション関連も増えるのではないかと思います。
Google Tangi のホーム画面

短い動画共有サービスには TikTok が有名ですね。TikTok は面白い動画が多く投稿されているエンターテイメント寄りですが、Tangi は物を創り出したりするクリエイティブ寄りの動画共有サービスとなっています。

動画の投稿はアプリからできるようになっています。動画の閲覧だけであれば Web サイト版の Tangi からも可能です。

残念ながら現時点では全てのユーザーが動画を投稿することができず、招待された人のみとなっています。動画投稿をしてみたい人はウェイティングリストに登録してみてください。特に DIY、料理、アート、ファッション、美容のジャンルに関する動画を投稿できる人にフォーカスしているようです。

YouTube だけでなくCameos や Tangi も今後伸びていく可能性がありますので、波に乗り遅れないように今から注目し、自分ならどのような動画が投稿できるかを是非考えてみてください。

あなたのシェアがとても嬉しい!

関連記事(一部広告含む)