【図解】スプレッドシートにチェックボックスを入れる手順

スプレッドシートにチェックボックスを入れる手順
(YouTube, AdSense, Play 公認エキスパート)
2018年06月20日 in Google Workspace(旧G Suite)

Google のスプレッドシートには、以前までチェックボックスを入れる機能が付いていませんでした。そのため「チェック」と入力して文字変換で機種依存文字のチェックマークを表示させたり、[データの入力規制]からプルダウンメニューで選択する擬似的なチェックボックスを作るしかありませんでした。

エクセルでは普通にチェックボックスを追加することができるのに、スプレッドシートにはなくて不便だと思われていた方も多いでしょう。よく使う機能なのに何故無いのかが不思議でした。

でもついにスプレッドシートでもチェックボックスを入れる機能が追加されました!このページではチェックボックスを入れる手順や活用方法などをご紹介いたします。

スポンサーリンク

スプレッドシートにチェックボックスを入れる手順

まずはチェックボックスを入れたいセルを選択してください(複数可能)。選択したら上部メニューから[挿入]>[チェックボックス]をクリックします。
チェックボックスの挿入

優しい雰囲気のチェックボックスが挿入されました!とても簡単ですね。

TRUE と FALSE

チェックボックスにチェックを入れたり外したりしてみると気がつくかと思いますが、セルの値が TRUE と FALSE で切り替わっています。(チェックを入れると「TRUE」で外すと「FALSE」になる。)
true と false

TRUE と FALSE の値が入るので、これと関数を利用すればちょっと便利なことができそうです。例えばチェックを入れた数を表示させるには[=COUNTIF(A:A,true)]と入れます。
チェック済みの数を表示

項目数を[=COUNTA(B2:B11)]で出して、チェック済みの割合を求めることも簡単にできてしまいますね!
割合を出す

様々な使い方ができそうで、益々エクセルを使う頻度が減りそうです。