iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!
Facebook twitter YouTube Feedly Feed

「月10万円を超えると単価が下がる?」アドセンスの都市伝説10個を解説

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2019/03/14
[カテゴリ]アドセンス

「月10万円を超えると単価が下がる?」アドセンスの都市伝説10個を解説

Google アドセンスのベテラン3人が、アドセンスや Web サイトに関するお困りごと等に対してアドバイスを行う企画。今回は8回目のライブ配信を行いました!

今回は「月10万円を超えると単価が下がる?」「特別に収益の高いアカウントが存在する?」など巷で噂になるアドセンスの都市伝説を題材にお伝えいたしました。なお動画は YouTube で公開しておりますので、ぜひ動画でもご覧頂けると嬉しいです。

都市伝説ネタ10個

今回取り上げたアドセンスの都市伝説ネタは10個で下記の通りです。

  1. アドセンスは3、6、9、12月はクリック単価が高い!
  2. 子供向コンテンツにアドセンス広告を貼るのは危険。
  3. 収益公開が原因でアカウント停止になった例はない。
  4. リスクヘッジのために複数アカウントを取得した方が良い。
  5. 特別に収益の高いアカウントが存在する。
  6. AdExchange は特別な案件が流れている。
  7. Google 広告(旧称:AdWords)に出稿するとアドセンスの単価があがる。
  8. 月10万円を超えると単価が下がる。
  9. アカウントが停止(無効)になっても Google アカウントを削除すれば大丈夫。
  10. アドセンスで生活している人がいる事態が都市伝説。

スポンサーリンク

1. アドセンスは3、6、9、12月はクリック単価が高い!

3、6、9、12月は多くの企業では四半期決算の月であり、Google も決算月です。決算月に合わせて広告予算を消化する企業も多く、また Google 広告の営業が頑張るため単価が高くなると言われています。

サイトのジャンルによりけりではありますが、実際に単価が高くなっていると感じているサイト運営者も多いのではないでしょうか。3月や12月は新生活や年末年始などの行事ごとも重なるため、特に収益性が良くなると感じます。

2. 子供向コンテンツにアドセンス広告を貼るのは危険

子供が閲覧するようなコンテンツの場合、子供がアドセンス広告をクリックしてしまう可能性があります。子供が広告をクリックしたとしても、その先で商品やサービスを購入することがないため無効なクリックと判断されやすくなります。このようなクリックが多くなればアカウント停止のリスクがあるでしょう。

児島さんが動画内でお話されていたのは、あるサイトが小学校で教材として使用され、子どもたちが広告をクリックしてしまった例についてでした。

クイズやゲーム関連のサイトなど、子供向けコンテンツにアドセンス広告を貼ることは問題ないでしょうが、ミスクリックが多く発生してしまう可能性も少なくありません。広告を貼る場合は十分注意する必要があります。

3. 収益公開が原因でアカウント停止になった例はない

収益を公開しているブロガーの方も多くいますが、収益を公開しても良いのか・ダメなのかはたまに話題になります。この点について社員の方に伺っている内容をお話いたします。

まず収益に関しては、収益を公開してはダメというポリシーは現時点ではないそうです。アドセンスの利用規約には次のように記載されています。

自らによる本サービスの利用によりもたらされた Google による支払総額を正確に開示することができます。

少なくとも確定収益を公開するのは問題なさそうですが、見積もり収益まで公開しても大丈夫かなどについては利用規約をお読みになり自己責任で判断してくださいとのことです。

ちなみに収益以外の情報(クリック率や単価など)は下記のように記載されています。

お客様は、当社の事前の書面による承諾なく Google 機密情報を開示しないことに合意するものとします。「Google 機密情報」には、…(中略)…(b)本サービスとの関係において広告媒体の実績に関連したクリックスルー率その他の統計…(以下省略)

「クリックスルー率」、つまりクリック率(CTR)は公開してはダメだと明示されています。社員の方からは、法務的なことに関して良い・悪いを明言できないという旨の回答を頂いております。つまり収益以外の情報に関しても、基本的に自己責任で判断する必要があります

リスクがゼロでない以上、わざわざ情報を公開する必要性はないのではないでしょうか。

4. リスクヘッジのために複数アカウントを取得した方が良い

万が一アドセンスアカウントが無効(停止)になった時のために、別の Google アカウントでアドセンスアカウントを所有しようとされる方がいます。しかしアドセンスアカウントは一人一つしか所有することが認められていません。

別の Google アカウントで申請した時点で複数アカウントとして弾かれるようになっており、問題なく使用できていたアドセンスアカウントにまで影響する可能性もあります。つまりリスクヘッジにすらならないのです。

最近複数アカウントに対して厳しくなっていますので、絶対に複数のアカウントで申請されることはしないでください。

5. 特別に収益の高いアカウントが存在する

別の広告ネットワークでは、担当者に依頼することで単価を上げてもらえるような場合もあるようです。しかしながらアドセンスでは単価を特別に上げてもらうようなことはできません。

ただ担当者が付いているようなアカウントであれば、ベータ版の機能を使用できたり収益化のアドバイスを受けることはできます。

6. Ad Exchange は特別な案件が流れている

Ad Exchange と AdSense の違い」のページに記載されているように、Ad Exchange では AdSense で使用できる機能が異なります。

しかし特別な案件が流れているわけではなく、Ad Exchange を使用すれば必ず収益性が高くなるとは限りません。

7. Google 広告(旧称:AdWords)に出稿するとアドセンスの単価が上がる

上がりません。「Google 広告を使用していれば検索順位は上がる」など、同じような都市伝説はいくつかありますね。しかし、広告を出稿しているとアドセンスの単価が上がったり検索順位が優遇されるようなことは一切ありません。

8. 月10万円を超えると単価が下がる

例えば1日に数百万、数千万 PV あるような超大規模サイトの場合だと、もしかしたら単価の高い広告案件が少なくなって PV あたりの収益性が下がるかもしれません。ただそのような超大規模サイトを運営されていなければ全く気にされるようなことは無いでしょうし、「月に○○万円以上になると単価が下げられる」ようなことはありません。

9. アカウントが停止(無効)になっても Google アカウントを削除すれば大丈夫

アドセンスは Google アカウント単位で管理されているのではなく、「誰が使用しているか」という人単位で管理されています。例えば一度アドセンスアカウントが停止されてしまった場合、その Google アカウントを削除してもあなたがアドセンスを使用していた履歴は削除されません。そのため別の Google アカウントを作成して申請しても承認されないのです。

アドセンスアカウントはとても大切なものなので、ポリシー違反には日頃からお気をつけください。

10. アドセンスで生活している人がいる事態が都市伝説

たくさんいますね。アドセンスだけで生活するレベルに達するのは簡単ではないと思いますが、実際のところたくさんいらっしゃいます。アドセンスのイベントなどに参加すると、すごい稼いでいらっしゃる方もゴロゴロいます…。

あなたのシェアがとても嬉しい!

関連記事(一部広告含む)