iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

Googleアカウントを乗っ取られないようにする『2段階認証』の設定方法

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2016/11/08
[カテゴリ]Web・IT, Googleサービス

あなたのGoogleアカウントは乗っ取られていませんか?

Gmailに連絡先、Androidにカレンダー、Google+にGoogleドライブなど、Googleアカウントを利用するサービスはとても多くあります。

もしこのアカウントが第三者に乗っ取られたらどうなってしまうでしょうか?

メール内容に連絡先、保存した写真やファイル、その他個人情報など全て見られてしまいます。あなたになりすまして大切な知人に有害なメールを送信するかもしれません。メールで送受信した内容の中に、自分や相手の大切な情報(銀行やショッピングサイトのIDやパスワード)が含まれていれば、Googleアカウント以外の情報も乗っ取られてしまいます。

乗っ取られるということは自分だけでなく、あなたとつながっている人にまで大きな被害を与えてしまう可能性があるのです。こうならないように絶対に対策をしなくてはなりません!

よくある対策の方法はパスワードを分かりにくいものにするということでしょう。これはセキュリティ面で大切な第一歩ですが、どんな方法でパスワードが盗まれるか分からない現在、複雑なパスワードにしたくらいで安心はできないのです。

今回紹介したいのは、例えパスワードが盗まれてもGoogleアカウントの不正使用を防止出来る『2段階認証プロセス』というものです。

2段階認証プロセスを設定しよう!

この2段階認証とは、Googleにログインする際に通常はアカウント名とパスワードのみですが、さらにあらかじめ登録した携帯電話等に送信されたコードの入力が必要となるものです。

基本はログインするたびにコードの入力が必要となりますが、自宅のパソコンなどの安全性が確保されているパソコンではコード入力を省略するように設定ができます。

●まずGoogleアカウントの[アカウント情報]のページにログインします。下記の URL へアクセスしてください
https://myaccount.google.com/

●ログインとセキュリティの項目内にある[Google へのログイン]をクリックします。
アカウント情報

●画面が変わったら[2段階認証プロセス]をクリックします。(もしログイン画面になりパスワードを求められたらパスワードを入力してログインします)
2段階認証プロセス

●[アカウントを 2 段階認証プロセスで保護する]というページになるので、開始ボタンをクリックしてください。
2 段階認証プロセスで保護する

●入力した携帯の電話番号宛てにコードが記載されたメールが届きますので、そのコードを入力します。音声通話を選択すれば電話がかかってきて、音声でコード番号を聞くことができます。電話番号は「+81」から入力し、「090~~」の場合は「+8190~~」のように最初の「0」は省きます。
電話番号の入力

●コードを確認したら“半角”で数字を入力してください。
コードの入力

●「確認が完了しました。2 段階認証プロセスを有効にしますか?」と表示されたら[オンにする]をクリックします。
オンにする

これで設定ができました!簡単に設定できるものなので、ぜひ2段階認証を設定してセキュリティをより強固なものにしましょう!

(追記)スマートフォンを機種変更した場合など、再度Googleアカウントを端末に追加する際は、一度2段階認証を無効化します。無効化していないと「メールアドレスとパスワードが一致しません」と表示され追加ができませんのでご注意ください。