iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

フォルダにパスワードを設定する方法!ソフト不要

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2015/08/02
[カテゴリ]Web・IT

folder-pass00

大切なデータを他人には簡単に見られないようにするために、ファイルやフォルダにパスワードを設定したいという方は多いと思います。例えばMicrosoftのOfficeであれば、ファイルごとにパスワードを付けて保存することが可能です。

しかしフォルダのプロパティ等からパスワードをかけることはできず、フォルダにパスワードをかけるには一工夫しなくてはなりません。Microsoftのヘルプページにも

ファイルやフォルダーをパスワードで保護できますか

という質問に対して

いいえ。Windows では、パスワードを使用してファイルやフォルダーを保護することはできません。

と回答があるくらいです。

でも今回ご紹介する方法では、特別なソフトがなくてもフォルダにパスワードを設定することができます。

スポンサーリンク

フォルダにパスワードを設定する手順

この手順は『Simple Help(英語)』というサイトに掲載されているものを参考にご紹介致します。

1.新規フォルダを作る

新規でフォルダを作成します。名前は任意のもので構いません。
folder-pass01

2.テキストファイルに魔法のコードを入れる

作成したフォルダの中にテキストファイルを作成してください。(フォルダ内で 右クリック > 新規作成 > テキスト)
folder-pass02

そのテキストファイルを開いて下記のコードをコピー&貼り付けてください。

cls
@ECHO OFF
title Folder Private
if EXIST "Control Panel.{21EC2020-3AEA-1069-A2DD-08002B30309D}" goto UNLOCK
if NOT EXIST Private goto MDLOCKER
:CONFIRM
echo Are you sure you want to lock the folder(Y/N)
set/p "cho=>"
if %cho%==Y goto LOCK
if %cho%==y goto LOCK
if %cho%==n goto END
if %cho%==N goto END
echo Invalid choice.
goto CONFIRM
:LOCK
ren Private "Control Panel.{21EC2020-3AEA-1069-A2DD-08002B30309D}"
attrib +h +s "Control Panel.{21EC2020-3AEA-1069-A2DD-08002B30309D}"
echo Folder locked
goto End
:UNLOCK
echo Enter password to unlock folder
set/p "pass=>"
if NOT %pass%== PASSWORD_GOES_HERE goto FAIL
attrib -h -s "Control Panel.{21EC2020-3AEA-1069-A2DD-08002B30309D}"
ren "Control Panel.{21EC2020-3AEA-1069-A2DD-08002B30309D}" Private
echo Folder Unlocked successfully
goto End
:FAIL
echo Invalid password
goto end
:MDLOCKER
md Private
echo Private created successfully
goto End
:End

23行目にある「PASSWORD_GOES_HERE」をフォルダに設定したいパスワードに変更します。パスワードに変更すると23行目は下記のようになります。

if NOT %pass%== pass1234 goto FAIL

3.拡張子を変えて保存する

上記の設定ができたら保存します。ただし拡張子を変更して保存します。

ファイルから名前をつけて保存を選択。ファイルの種類を「すべてのファイル(*.*)」にして、ファイル名を「任意の名前.bat」にして保存してください。※拡張子「.bat」にして保存するということです。
folder-pass03

4.パスワード付きフォルダ

保存した「任意の名前.bat」のファイルをダブルクリックしてください。すると「Private」というフォルダが作成されます。このフォルダの中に大切なデータを入れます。
パスワード付きフォルダ
※テキストファイルは削除して結構です。「○○○.bat」は削除しないでください。

再度「任意の名前.bat」をダブルクリックするとプロンプト画面が表示されます。キーボードで「y」を入力してEnterキーを押してください。すると「Private」フォルダが隠しフォルダとなり非表示になります。
folder-pass05

「任意の名前.bat」をダブルクリックしてみましょう。今度もプロンプト画面が表示されますが、今回は設定したパスワードを入力してEnterキーを押します。
folder-pass06

パスワードが合っていれば「Private」フォルダが表示されます。要は「○○○.bat」でフォルダを隠したり、パスワード付きで表示させたりするということですね。