iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

Googleドライブ・Dropboxのファイルにパスワード付け暗号化する方法

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2014/05/21
[カテゴリ]Web・IT

file-pass-imgGoogleドライブやDropbox等のクラウドに、写真・動画・仕事用のデータなどを保存している人は多いのではないでしょうか。スマートフォン・パソコン・タブレットなど、端末を選ばずデータを保存したり修正できるのでとても便利ですね。

しかし、様々な端末から簡単にアクセスできるということは、もし誰かに端末を盗まれた時にデータを簡単に見られてしまう可能性があるということです。GoogleドライブやDropboxにアクセスする都度、パスワードを入力しなければならない設定であれば大丈夫かもしれません。でも多くの方が、特にスマートフォンやタブレットではパスワードの入力なしにアクセスできるようにしています。

他人に見られたくないデータや仕事のデータに、簡単にアクセスできるのは問題です。そこで今回は、Googleドライブ・Dropboxのファイルにパスワード付け暗号化する方法を紹介致します。この方法を利用すると暗号化したデータを開く際にパスワード入力が要求されます。正しいパスワードを入力しないと正常に表示することができません。

拡張機能を導入する

その方法はとても簡単で、Chromeの拡張機能『BoxCryptor for Chrome』を追加するだけです!まずは『BoxCryptor for Chrome』をダウンロードする為に下記のURLにアクセスしてください。
https://www.boxcryptor.com/en/download

「Download for Chrome」というボタンをクリックすると、Chromeウェブストアのページが表示されるので[+無料]のボタンをクリックして拡張機能をダウンロードしてください。
box

「追加しますか?」という警告が表示されたら「追加」ボタンをクリックしてください。これでChromeへの追加が完了しました。
追加

暗号化してみる

拡張機能の追加が完了後にGoogleドライブとDropboxにアクセスしてみるとBoxCryptorのアイコンが追加されています。
BoxCryptor-icon

アイコンをクリックすると「New BoxCryptor Folder」という画面が表示されます。暗号化するフォルダ名とパスワードを入力し「Create」をクリックしてください。
boxcryptor06

すると暗号化用のフォルダが作成されます(先ほど入力した名前に.bcが付いています)。
boxcryptor07

このフォルダをクリックしてみましょう。パスワードが要求されるので設定したパスワードを入力します。「Store password?」にチェックを入れると次回からパスワード入力を省略できるようになります。(省略できるようにすると、パスワードを付ける意味が薄れるのでチェックは入れない方がいいかな)

フォルダに入れたら、暗号化して保存したいファイルを追加できるようになります(※ファイル追加は一つずつ)。

追加してみるとファイルにカギのマークがついて保存されます。Googleドライブの場合、PC内のファイルを直接暗号化フォルダに移動しようとするとエラーになり移動できないことがあります。その場合は一度ドライブ内に移してから移動してみましょう。
boxcryptor08

ダウンロード

パスワードの入力に失敗した状態でダウンロードしたり、ダウンロードしていない状態(クラウド上)でファイルを開くと暗号化されたものが表示されます。ダウンロードをすると正常に表示されます。
angouka

まだ『BoxCryptor for Chrome』は現時点でベータバージョンのため、うまく暗号化できなかったり、対応していない拡張子があったりします。AndroidとiOS用のアプリもありますので、そちらで管理することもできます。