Facebookでタグ付けを削除する方法・タグ付けを禁止する方法

Facebookでタグ付けを削除する方法・タグ付けを禁止する方法
(YouTube, AdSense, Play 公式エキスパート)
2021年02月02日 in Web・IT

Facebookの便利な機能の一つである「タグ付け」。タグ付けすると、その付けられた人のプロフィールへのリンクが作成されるため、どんな人と一緒にいるのかなどを知ることが出来ます。またタグ付けされた人のタイムラインにも、その投稿が表示されるので拡散されやすくなる機能です。

しかし逆にこの機能はデメリットになることも多くあります。例えば、誰と・どこで・何をしていたか知られたくないのに、タグ付けされることで自分のタイムラインに表示されてしまい、プライバシーが侵害される可能性もあるのです。

今回は、もしタグ付けされてしまった場合に削除・解除する方法と、タグ付けを禁止・防止する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

タグ付けを削除・解除する方法

まず最初は、もしタグ付けしてほしくないのにされてしまった場合の対処方法です。タグ付けされてしまっても、タグを削除することが可能です。

タグ付けされた投稿画面を開き、右上にある[…]のアイコンをクリックします。[タグを削除]という文字がありますので、それをクリックしてください。パソコンでの画像ですがスマホでも同様のやり方です。
タグを削除

もし「この投稿では今後タグ付けされませんが、ニュースフィードや検索などの他の場所で表示される可能性があります。」と表示されたら、そのまま[OK]を押して削除完了です!
fb-tag-no2

タグ付けを禁止・防止する方法

されてから削除するのではなく、そもそもタグ付けされてもタイムラインに投稿されないように禁止しておく方法もあります。

  1. パソコン版の場合は、画面右上にある[▼]のアイコンから[設定とプライバシー]>[設定]を選択してください。
    設定とプライバシー
  2. 左メニューの[プロフィールとタグ付け]をクリックして、タグ付けに関連する部分を[自分のみ]にしします。とりあえず「友達があなたをタグ付けした投稿をタイムラインに表示する前に確認しますか?」の部分をオンにしておけば、勝手にタイムラインに流れてしまう心配はありません。
    タグ付け禁止にする
  3. スマホの Facebook アプリの場合も同様です。メニューを開き[設定とプライバシー]>[プロフィールとタグ付け]から設定ができます。
    スマホからタグ付けの設定

タイムラインに投稿された場合の共有の範囲など、細かく設定が可能なので一度は確認しておいたほうが良いのではないかと思います。気軽に利用できるFacebookですが、プライバシーに関する部分は要チェックですね!

関連記事(一部広告含む)