iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

これぞ成功するネットショップの作り方が学べる教科書!

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2014/04/24
[カテゴリ]Web・IT, 商品・サービス

成功するネットショップ 集客と運営の教科書あなたはネットショップの運営に興味があるでしょうか?ネットショップは「ECサイト」や「ショッピングサイト」とも呼ばれ、インターネット上で商品・サービスを販売するWebサイトのことを言います。

現在、ネットでモノを販売することは全く難しいことではありません。ヤフオク・Amazon・モバオクなどのサービスを利用すれば、個人でも気軽に売買を楽しむことができます。また低予算で、もっと本格的にショッピングサイトを作成しビジネスとして取り組むことも可能です。この記事をご覧の方には、ネットショップの運営で利益を上げ生活をしていきたいという方も多いと思います。

しかし、ネットショップを始める垣根は低くなりましたが、必ずしも“稼げる”とはイコールではありません。むしろ多くのネットショップが稼げず撤退を余儀なくされるのが現状でしょう。

では、なぜ多くのネットショップでは稼ぐことができないのでしょうか?
「豊富な資金が必要?」「人脈がなければ成功できない?」「商品が悪い?」

今回はネットショップで成功するために必要なノウハウが詰まった一冊『成功するネットショップ 集客と運営の教科書』を紹介したいと思います。

成功するネットショップの作り方が学べる

今回紹介したい『成功するネットショップ 集客と運営の教科書』は、以前にブログで生計を立てる指南書としてご紹介した『ブログ飯』の染谷さんが著者です。
『ブログで生計を立てる指南書「ブログ飯」がお勧め!】

『ブログ飯』でもそうでしたが、今回の『成功するネットショップ 集客と運営の教科書』でも小手先のテクニックを集めたような薄い本ではありません。ネットショップを始め、そして運営していくにあたって必要な心構えや考え方など、本気でネットショップに取り組み成功したい人にとって大切なことが書かれています。

ですから「○○をしたらすぐにアクセスアップ!」「××をすると楽々集客できる!」のような、裏ワザっぽいテクニックを期待している人には不向きかもしれません。

準備が重要

この本を手にとってまず感じたことは、「準備編」にも力が入っているということでした。よくあるテクニック系の本であれば、ネットショップを開業した後の話ばかりに力が注がれており、どのような準備が必要かが抜けているものが多くあります。しかしこの本を読んでみて、いかにネットショップ成功のために準備段階が大切なのかがよく分かりました。

この本で書かれている「準備」とは、単に「Webサイトを用意しましょう」というシステム的な話ではありません。例えばネットショップ成功への第一歩は「USPを創りだす」と書かれています。USPとはUnique Selling Propositionの略で、ライバルと明確に差別化できる自社独特の強みのことです。

マーケティングの本などにもUSPのことが書かれていますが、自分のUSPを創り出す方法まで詳細に書かれていないことがあり、表面的な意味でしか分からないという方も多いでしょう。この本ではUSPを創り出すための10のステップとして、ワーク形式でその方法が紹介されています。

その他【ユニークな商品について】【お客様の価値観について】【ショップや商品のタイプについて】【コミュニティモデルについて】など、準備編だけでも十分読む価値があると思います。

本のタイトルに「ネットショップ」と付いていますが、ネットショップ運営だけでなくブログ運営や実店舗でのビジネスでも通用する内容が豊富に書かれている本です。大切な気付きを得た部分をチェックしらがら読み、このコラムでも紹介しようと思っていましたが、たくさんありすぎて書くのが面倒になってしまいました…すみません(笑)あなた自身で気付きを得て頂ければ幸いです。

これからネットショップを始める方であれば、とりあえずこの本だけは読んだ方が良いと思います。また既にネットショップを運営されていて思うように収益を上げていないのであれば、この本で「何がネットショップに足りないのか」を発見できるかもしれません。小手先のテクニック系の本を手に取る前に読むべき一冊です。