iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

海外の空港で迷子になったらおねえさんに聞け!LAXで迷子になったよ

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2015/10/27
[カテゴリ]エンタメ

Google主催のTCサミット2015に参加し、何よりも不安だったのが帰国時に空港で迷子にならないかです。行きは知人と一緒に 中部国際空港 > 成田 > サンフランシスコ という経路で問題なくたどり着きました。しかし帰りは一人で、かつ サンフランシスコ > ロサンゼルス > 成田 > 中部国際空港 という経路で帰らなくてはなりませんでした。

一番問題なのがロサンゼルスでの乗り継ぎです。初めての海外旅行 & 海外の空港で乗り継ぎ & 一人 という状況でトラブルなく帰国できるか・・・。事前に空港のフロアマップなどを印刷して予習はしておきました。ロサンゼルスの空港ではターミナル間の移動はバスに乗ることもあるくらいとても広いので、迷子になったら次のフライトに間に合わなくなる可能性もあります。

「絶対に迷子になってはいけない!」と思っていましたが、やっぱり迷子になってしまいました。

※ロサンゼルス空港(LAX)のフロアマップ
LAXマップ

日本へ帰る場合は、マップ一番左の「Tom Bradley International Terminal」という所へ行く必要がありました。私の場合はターミナル7から移動しなくてはならず、バス移動しなくてはならないかと思いましたが、警備の人に行き方を聞いたら歩いて行けると(たぶん)言っていたので歩きました。

ただ簡素化されたイラストのマップと実際の空港内は全然異なります。まずターミナル7から出る場所に迷いました。乗り継ぎなので外に出る必要はないと思っていましたが、実際は一度外へ出なくてはなりませんでした。サンフランシスコからの到着が遅れたこともあり、乗り継ぎの為の時間が少なくかなり焦りました。

かなりの距離を歩き「Tom Bradley International Terminal」へ着いてもどこへ行ってよいか分かりませんでした。実はここで一番時間を消費しました。
lax01

上の写真がこのターミナルの入り口なのですが、ここから入っても出口しかありません。おかしいと思いインフォメーションのおばさんに聞いてみたら、「ターミナル7へ行きなさい」と言われました・・・。いよいよ時間も迫り汗だくになりながら色々な人に聞きまわりました。

スポンサーリンク

的確に教えてくれるのはおねえさん

英語ができない私がとにかく必死になって場所を聞きまわって分かったことがあります。迷子になった時、どこへ行けばよいか尋ねるべき人は“キャビンアテンダントのおねえさん”と“機長”です。

警備員っぽい人やお店の人など様々な人に場所を聞きましたが、的確に教えてくれるのはCAのおねえさんと機長(パイロットっぽい服装の人)でした。当日のフライトの事と空港のことをよく知っているから当然かもしれませんが、最終的にCAのおねえさんに助けられました。結局「Tom Bradley International Terminal」の二階へ行くべきだったのです。

lax02

今回迷子になって得られた教訓は、CAさんか機長っぽい人に積極的に場所を聞くこと。そして可能なら日本人のCAさんを見つけることです。大きな空港であればJALやANAなど日本の航空会社が入っているので、日本人のCAさんがどこかにはいるはずです。

英語が全くできなくてもチケットを見せながら「Where is this terminal?」と聞けば大丈夫!チケットを見せて「Where is」と言うだけでも伝わります。例え聞いた人の教え方が悪くて聞き取れず分からなくても、とりあえず「Thank you!」と言って別の人に尋ねれば良いだけです。とにかく勇気を持って聞くのが大切だと実感しました。