iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

SSL化したWordPressでJETPACKのPhotonを機能させる方法

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2015/10/09
[カテゴリ]Wordpress

先日WordPressのサイトをSSL化(HTTPS化)するという記事をお伝えしました。手順通りにやれば意外に難しいことはなく、特に問題も起きずにSSL化することができました。

ところがそのサイトをチェックしていると、プラグイン『JETPACK』のPhotonで画像をCDNで別サーバーから読み込み表示させているはずが、サイトを管理しているサーバーからそのまま読み込みを行っていることに気づきました。
photon-ssl01

PhotonはWordPressサイトの表示スピードを高速化するのにも、自分のサーバーに負荷を与えないにも超絶便利で優秀なプラグインです。※Photonの優秀さは下記ページをご覧ください。

画像が少ないサイトであれば問題ないのですが、画像が多いサイトではPhotonは手放せません。SSL化したWordPressであってもPhotonを機能させるには、下記のカスタマイズが必要です。

スポンサーリンク

SSL化(HTTPS化)したサイトでもPhotonを機能させる

WordPress管理画面のインストール済みプラグインから「Jetpack by WordPress.com」を探し、[編集]をクリックしてください。
photon-ssl02

カスタマイズ1つ目

「functions.photon.php」のファイルを選択し、下記のコードを探してください。

http://i{$subdomain}.wp.com

これを下記のように「s」を付け加えて保存します。

https://i{$subdomain}.wp.com

photon-ssl03
※バージョンによって記述が異なる可能性があります。

カスタマイズ2つ目

次に「class.photon.php」のファイルを選択し、下記のコードを探してください。

( 'http' != $url_info['scheme'] || ! in_array( $url_info['port'], array( 80, null ) ) ) &&

これにも下記のように「s」を付け加えて保存してください。

( 'https' != $url_info['scheme'] || ! in_array( $url_info['port'], array( 80, null ) ) ) &&

photon-ssl04

これでPhotonが機能するはずです!最初だけ画像の読み込みに時間がかかる場合があります。

関連記事(一部広告含む)