iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

SEOで有利になるカテゴリ周りカスタマイズ法(WordPress)

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2015/08/05
[カテゴリ]SEO, Wordpress

SEOで有利なカテゴリに

何も考えなくても簡単にブログサイトが構築できるWordPressですが、少しカスタマイズをするだけで使いやすくなったりSEOで有利になったりします。カテゴリもちょっと工夫するだけで、検索エンジンで検索されやすくなりアクセスを集めることができるようになります。

今回は、あまり気を使っていない方が多いカテゴリ周りについてお話したいと思います。

パーマリンクの設定

WordPressでは設定パーマリンクから、記事ページや固定ページ・アーカイブページのURLをどのようにするか設定が可能です。

WordPressを設置したらまず触りたい場所なのですが、どのように設定していますか?お勧めは「カスタム構造」で下記のようにすることです。

/%category%/%post_id%.html

wp-cate-seo01

これを設定すると下記のようになります。

http://exsample.com/カテゴリのスラッグ/01.html

「%category%」を入れることで、見ている記事がどのカテゴリに属しているかが分かります。これは人が見て分かるだけでなく、検索エンジンもどのようなカテゴリ(階層)があるかを知らせることに役立ちます。

URLに「category」が入ってしまう

上記のパーマリンクの設定で「%category%」を入れた場合にデメリットが一つあります。例えば「SEO」というカテゴリがあり、そのスラッグを「seo」に設定したとします。では、カテゴリ「SEO」のアーカイブページはどのようなURLになると思いますか?

多くの方が

http://exsample.com/seo/

のようになると思われるでしょう。

しかし実際は

http://exsample.com/category/seo/

のように「category」が入るようになっています。

つまり余分な階層ができてしまうのです。階層が深くなるほど、検索エンジンがページを発見するのに時間がかかったり、クロールの頻度が低くなる可能性があります。見た目としてもスッキリしていませんよね。

「WP No Category Base」を使う

「category」が入ってしまう問題は、プラグイン「WP No Category Base」を使うことで解消できます。

プラグイン新規追加から「WP No Category Base」と検索し、インストール・有効化しましょう!このプラグインは有効化するだけでOKです。
wp-cate-seo02
これだけで「category」が入らないようになります。

アーカイブページ末尾にスラッシュ「/」を追加する

なぜかWordPressでは、カテゴリページやタグページのURLの末尾にはスラッシュ「/」が付ず下記のようなURLになります。

http://exsample.com/seo

これではseoという記事ページがあるようにも捉えることができます。「SEO」というカテゴリ・階層があることを明確にするために、URL末尾に「/」を追加したいところです。

「/」を追加するコード

テーマファイルの中にある「functions.php」に下記のコードを入れるだけで「/」が追加されます。

function add_slash_uri_end($uri, $type) {
  if ($type != 'single') {
    $uri = trailingslashit($uri);
  }
  return $uri;
}
add_filter('user_trailingslashit', 'add_slash_uri_end', 10, 2);
(引用:零弐壱蜂さん

カテゴリページにもオリジナルコンテンツを

通常のカテゴリページでは、そのカテゴリに属している記事一覧が表示されるだけです。ただ記事ページヘのリンクがあるだけの場合や記事ページの数が少ない場合、コンテンツとしては弱く検索結果に表示される可能性も低くなります。

特にテキスト量が少ないカテゴリページがあるのであれあば、カテゴリページにもオリジナルコンテンツを入れてみるのはいかがでしょうか?
コンテンツを追加した例

具体的な方法は下記記事でご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

※長期間運営しているサイトのURLを変えることはSEO的なリスクがありますので、十分検討してから行ってください。当サイトは長年運営しているため現時点で「/」の追加は行っていません。