iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

Windows10にしたらマウスが正常に動作しない!不具合を直す手順

iscle
執筆者:
[最終更新日]2015/09/23
[カテゴリ]Web・IT

Windows10にバージョンアップする方が少しずつ多くなってきたようですが、OSのバージョンアップは今まで使用していたソフトウェア・マウス・キーボード等が正常に動作しなくなる可能性があります。どうやらWindows10したらマウスが正常に動作しなくなるケースがあり、例えばマウスポインタが勝手に動いたり、勝手にクリックされるという症状が出ます。

この不具合を直す方法はいくつかあるようです。

  • ドライバの入れ直し
  • タッチパネルのキャリブレーション
  • 一度コンセントを抜いて電源を完全にOFFにする

これらの方法で直すことができれば良いのですが、もし直らなければ今回ご紹介する方法もお試しください。

スポンサーリンク

1.マウス接続時はタッチパネルをオフにする

Windows10の「設定」からマウス接続時にタッチパネルをオフにしないを「オフ」にします。つまり「マウス接続時はタッチパネルをオフにする」という設定です。
mouse01

ただし、これだけだと何故かマウスを接続した状態でもタッチパネルが動きます。マウスを別のものに変えてもダメで、ドライバの入れ直しでも改善しませんでした。そのため、Windows10と機器(タッチパネル)の組み合わせの相性問題が考えられます。

2.PC本体付属のユーティリティーで設定

USBマウス接続時はタッチパネルをオフにする設定をします。

mouse02
Windows10の「設定」>「デバイス」>「マウスとタッチパッド」>画面一番下の「その他のマウスオプション」で開くことができます。
※メーカーによっては専用の起動メニューがあるかもしれません。

これでマウスが正常に動作するようになりました。

Windows10にしたことで、USBマウスとタッチパネルの相性問題が発生し、USBマウスを接続した状態でタッチパネルが異常反応、カーソルが勝手に動いたりクリックされたりするようです。メーカーがWindows10に対応したドライバを出してくれれば良いのですが、ドライバが出ていない場合は上記方法をぜひお試しください。