iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

WordPressで表示を遅くするプラグインを探し出すツール『P3』

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2014/05/16
[カテゴリ]Web・IT, Wordpress

WordPressには無料とは思えないほど便利で優秀なプラグインが豊富にあります。プラグインを入れるだけで高機能なお問い合わせフォームを付けたり、SNS化したり、写真に効果を付けたりすることが簡単にできます。ついついたくさんプラグインを入れてしまうのですが、プラグインの入れ過ぎはページの表示速度を遅くする原因にもなります。

「最近表示速度が気になる」「もっと表示速度を上げたい」という方は、表示を遅くしているプラグインがないかチェックしてみると良いでしょう。

とは言っても、どのプラグインがどの程度読み込みに時間がかかるのかを一つ一つ確かめて特定するのは面倒で難しいものがあります。ですが、どのプラグインにどれだけ時間がかかっているかを調べるプラグイン『P3 – Plugin Performance Profiler』というものがあります。

遅い原因を調べる

まずプラグインの新規追加の検索で『P3』と入れ、インストールをしましょう。有効化すると「ツール」の中に「P3 Plugin Profiler」と表示されるはずなので選択してください。
p3-01

ページが移動したら「Start Scan」をクリックします。
スキャンをスタート

Scan Nameがそのままで問題なければ「Auto Scan」をクリックしてください。
自動スキャン

スキャンが終わると「Scanning is complete」と表示されます。「View Results」をクリックして結果を見ます。
結果を見る

円グラフが表示されると思います。プラグイン全体でかかった時間の割合が分かります。グラフの上にマウスを持ってくると、そのプラグインが全体の何パーセントを占め、何秒時間がかかっているのかを見ることができます。
p3-05

もし想像以上に時間がかかるものがあったら削除したり、別の軽い代替プラグインにするなど速度改善に役立てましょう!