iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

LINEで相手にバレずに「送信取消」を行う条件とは?

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2017/12/14
[カテゴリ]LINE

LINEで相手にバレずに「送信取消」を行う条件とは?

メッセージアプリ『LINE』では、今まで送信後にメッセージを取り消すことができないようになっていました(特定のメッセージだけ削除することはできましたが、あくまで自分のトーク画面から消すだけで相手にはメッセージが残ったままの状態でした)。ところが、2017年12月のアップデートで相手のトーク画面からも指定したメッセージやスタンプを消すことができる「送信取消」機能が実装されたのです!

これで誤って送信してしまったメッセージやスタンプ、写真なども、送信後に取り消すことができるようになりました。多くの方が要望していた機能が実装されて便利になりそうですね。

ただし、条件によっては送信を取り消したことが相手にバレてしまうものがあります。送信取消機能を使用する方法と、送信を取り消した場合に相手にはどのように見えるのかをご紹介いたします。

「送信取消」を行う方法とは?

送信取消機能を使用するには LINE アプリがこの機能に対応しているバージョンになっていないとダメなので、更新ができる状態でないかご確認ください。また送信相手側も対応している必要があります。(以下、Android での操作画面・表示内容で説明いたします。iOS の場合、内容が多少異なる可能性があります。)

ではトーク画面を開き、取り消したいメッセージやスタンプ・写真を長押しします。[送信取消]をタップしてください。
送信取消ボタン

「友だちが利用中の LINE バージョンによっては、友だちのトークからメッセージが消えないことがあります。送信を取り消しますか?」という注意事項が表示されますので、再度[送信取消]をタップします。
送信取消の注意事項

そうするとトーク画面に「メッセージの送信を取り消しました」と表示され、メッセージやスタンプが消えます。
メッセージの送信を取り消しました

スポンサーリンク

相手にはどのように表示されるの?

気になるのは相手のトーク画面上にはどのように表示されているかですよね。その表示のされかたは、取り消したメッセージが既に読まれているかどうかで変わります。つまり「既読」が付いたメッセージを取り消したのか、まだ既読になっていないメッセージが取り消されたのかで異なるのです。

既読になっていないメッセージを取り消した場合

既読になっていないメッセージの送信を取り消した場合は、相手のトーク画面には何も表示されません。つまり既読になる前に取り消してしまえば、相手の画面には何も残らずバレないのです。(※送信した時点で通知は相手にされています。)

「しまった、間違えた!」と思ってすぐに取り消してしまえばセーフだということですね。

既読になったメッセージを取り消した場合

では既読になってしまったメッセージを取り消した場合はどうなるのでしょうか?読まれたので取り消すことができないのでしょうか?

実は既読になっているメッセージも先ほどの手順の[送信取消]から消すことが可能です。しかし、この場合は相手のトーク画面に「●●がメッセージの送信を取り消しました」というメッセージが残るようになっています。
メッセージが取り消しました

つまり取り消したことがバレてしまいます。バレてしまいますが、間違った内容を残したままにするよりは良いですよね。

関連記事(一部広告含む)