iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

これだけでブログのPV数アップ!回遊率を上げる5つの方法+α

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2014/07/28
[カテゴリ]Web・IT
これだけ!PV数を上げる5つの方法

ブログだけに限ったことではありませんが、せっかくあなたのサイトに訪れてくれたユーザーには、できるだけサイト内のページを観覧してもらいたいと思いませんか?例えばGoogle AdSenseであれば、収益=PV数×クリック率×単価という公式になるため、PV数を上げることで収益アップにつながります。

既にサイトに訪れているユーザーに、より多くページを巡って(回遊して)もらえればそれだけPV数がアップします。一般的に新規ユーザーを獲得するよりも、既にサイトに訪れているユーザーに、より多くページを見てもらう方が労力は小さいです。

今回は、特にブログサイトにおてい回遊率を上げる方法を紹介いたします。

関連記事の一覧を入れる

関連時期の表示例

ユーザーが見ているページに関連する他の記事(もちろんそのサイトの記事)を、その記事のフッターやサイドバーに表示させることで回遊率を上げることができます。ブログサイトでの回遊率アップに大きな効果があると言われ、多くのサイトで導入されています。当ページのフッターにも関連記事を表示させているのでご参考まで。
画像つき関連記事を表示させるプラグインでPV数アップ!モバイル対応

私が運営しているいくつかのサイトでは、関連記事まで観覧してくれるユーザーは4〜6%います。テキストだけよりも、サムネイル画像も含めて表示させた方が関連記事へのクリック率が高まります。

新着記事の一覧を入れる

新着記事の例

トップページに新着記事一覧を入れているサイトは多くありますが、ユーザーが最初に訪れるのがトップページとは限りません。むしろ記事ページが最初に訪れるページであることの方が多いのです。その為、記事ページにも新着記事一覧を入れることで「この最新情報も読んでみよう」というユーザーに回遊してもらえる可能性が高まります。

これもサムネイル画像を含めて表示させることで目に留まりやすくなり、回遊率が上がりやすくなります。

人気の記事一覧を入れる

人気の記事一覧の表示例

これも関連記事や新着記事と同じ原理ですが、アクセスが多い・人気の記事一覧を入れることも効果的です。人気がある記事なわけですから、そのページへのリンクを貼っておけば興味を持って観てくれる可能性は高いですね。当サイトではトップページのみで人気記事を表示していますが、記事ページのサイドバーに表示しているブログサイトはよく見かけます。

本文中に過去の記事へのリンク

本文中からのリンク

このページの「関連記事の一覧を入れる」の部分で、「 >画像つき関連記事を表示させる〜 」というリンクが貼ってあるように、過去に書いた関連する or 内容を補完する記事へのリンクを貼ります。関連記事一覧では記事フッターやサイドバーに表示させることが多いですが、本文中に関連リンクを貼ることで、より他のページまで回遊してもらいやすくなります。

外部リンクは別ウィンドウで

外部リンクは別ウィンドウで

今度は回遊率を上げるというよりは、回遊する機会をなくさないようにする工夫です。記事には外部サイト(他のサイト)にリンクを貼ることは少なくありません。外部サイトへリンクを貼ることは問題ではないのですが、外部サイトにアクセスしたユーザーが自分のサイトから離脱して戻ってこないのは問題です。

そのようなことにならないように、外部リンクを貼るときはaタグに[target=”_blank”]属性を加えて、リンクをクリックした時に別ウィンドウ or 別タブで開くようにしましょう。これで外部サイトにアクセスしても、自分のページは閉じられません。

その他

上記までの方法の他に、「ユーザーにとってサイトが観覧しやすいデザイン・構成になっているか」というのも大切です。優れたコンテンツがたくさんあったとしても、求める情報があるページに辿りつけないようなサイトではダメです。またサイトの表示速度が遅くならないようにしたり、スマートフォン等のモバイル端末に最適化したサイトを作ることも、回遊率アップに貢献します。

いきなり全てを実践しなくても、是非できることからサイトに手を加えてみてください!