iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

Gmailはアカウント1つで複数のメールアドレスが持てる!

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2015/06/17
[カテゴリ]Gmail, Googleサービス, Web・IT

1つのアカウントで複数のメールアドレスを持つ

無料で簡単に取得可能なGmailのメールアドレス。仕事用・スマホ用・趣味用など、複数のアカウントを取得して管理されている方も多いのではないでしょうか。しかし複数のアカウントを持っているのは管理が面倒ですよね。実はGmailのメールアドレスは、1つのアカウントで複数のメールアドレスを持つことができます!実際には「持っているかのように見せる」ことができます。

複数のメールアドレスを作る方法

あなたが持っているGmailのアドレスが「test.sample@gmail.com」だったとします。「@(半角アットマーク)」の前に「+(半角プラス)」と半角英数字を追加してください。例えば「test.sample+plus@gmail.com」のように「+plus」を追加しました。

ではこのアドレスにメールを送信してみましょう!普通であれば文字を追加した時点で別のメールアドレスになってしまうので届きませんが・・・Gmailの場合は「+」以降を無視するようになっているので、元の「test.sample@gmail.com」にメールが届きます。
gmail

「+」以降は半角英数の文字なら何でもOKで、いくつ作っても大丈夫です!文字を追加したメールアドレスをGmailに登録したりするわけではありませんが、例えば「+melmaga」が付いているものは「メルマガ」のラベルを付けるなど、フィルタで振り分けることは可能です。

スポンサーリンク

セキュリティ対策にも使える!

この複数のメールアドレスを作れる機能を利用すれば、セキュリティ対策を向上させることも可能です。例えばショッピングサイトでメールアドレスとパスワードを登録しなければならない際、「+abcshop」のような追加アドレスで登録します。もしショップからメールアドレスが流出して迷惑メールなどが届くようになったら、フィルタで「+abcshop」が付いているものを迷惑メールにしたり削除したりできます。

登録先毎に「+」以降を変えていれば、どこの登録先から情報が漏れているのか等を知ることも可能です。

gmail-plus-02

元のメールアドレスとパスワードの組み合わせで様々なサービスに登録していると、もし情報が漏れた時にGoogleアカウントを乗っ取られやすくなったり、LINEアカウントなど別のアカウントを乗っ取られやすくする原因にもなります。
参考:LINEアカウントの乗っ取りから守る5つの対策方法

少しでもアカウントの乗っ取りなどから守るためにも、サービス登録先毎にGmailの「+」追加アドレスを利用し、パスワードも変更するようにしましょう!

関連記事(一部広告含む)