iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

Googleアナリティクスで管理するサイトをスプレッドシートへ!

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2015/02/24
[カテゴリ]Googleサービス

Webサイトのアクセス解析として知名度の高いGoogleアナリティクス。無料なのに高機能ということもあって利用している方は多いでしょう。ただ管理サイトが多くなると、特定のサイトのページビュー数(PV)やユーザー数を見て回るのに時間がかかります。特にPV数を記録として残しておきたいという場合、いちいちExcelやスプレッドシートに書き写したり保存していくのは面倒です。

また管理サイト全てのPV数を知りたくても、Googleアナリティクスでは一括でその情報を表示してくれる機能がありません(たぶん…あったら教えて下さい)。ですがGoogleのスプレッドシートとアドオンを利用すれば、複数のサイトの情報をサクッとまとめたり、PV数合計を把握することも簡単にできます!

アナリティクス×スプレッドシート

アドオンの取得

まずGoogleドライブに入り新規からGoogleスプレッドシートを選択しましょう。
sp-01

スプレッドシートの画面になったらアドオンアドオンを取得を選択します。
sp-02

analytics」と検索して表示された「Google Analytics」の+無料から追加してください。
「Google Analytics が次の許可をリクエストしています:」と表示したら許可します。
sp-03

アドオンの使い方

アドオンGoogle AnalyticsCreate new reportを選択してください。
sp-04

すると画面右側に設定画面が表示されます。サイト名などを「Name」に記入し、スプレッドシートで読み込みたいサイトを選択してください。
sp-05

次にどのデータを読み込むかを選択します。完了したらCreate Reportをクリックしてください。
sp-06

必要なサイトを繰り返し作成します。「Start Date」「End Date」「Last N Days」など直接数値を変更してもOKです!例えば「Last N Days」が「7」であれば直近7日間ということなので、直近30日間にしたけらえば「30」に変更します。
sp-07

よければアドオンGoogle AnalyticsRun reportsを選択してください。
sp-08

するとサイト毎にシートが作成され、選択した必要なデータが表示されます。
sp-09

あとは別のシートに、それぞれのサイトのPV数などを合計する計算式を入れてあげることで一括でサイト全体の合計PV数が表示されます。(Excelのように複数のシートをまたいで合計することが可能です。)
sp-10

スプレッドシートに書き出すことで、自分の必要な情報を簡単に把握できるようになります。「毎週月曜日に…」などスケージュールを組んで自動でレポート作成も可能です。サイト管理に役立てることができますので、ぜひ活用してみてください。