登録者1000人でメンバーシップ開放に!YouTube最新情報(2021年1月)

登録者1000人でメンバーシップ開放に!YouTube最新情報(2021年1月)

2021年01月29日 in YouTube, アドセンス

2021年1月の現時点での YouTube の最新情報をご紹介していきます。今回は AdSense の最新情報は特にありませんので、YouTube に関しての変更点などをお伝えしていきます。

広告掲載に適したコンテンツのガイドライン更新

まず最初は、収益化している方は必ず確認していただきたい内容です。「広告掲載に適したコンテンツのガイドライン」のページが更新され、以前よりも詳細な内容になりました。
広告掲載に適したコンテンツのガイドライン

広告掲載に適したコンテンツのガイドライン

動画をアップして収益化をオンにする場合、収益化することが問題ないか自己診断しなければなりません。この時に、本当に自分の動画が問題ないか迷う時はないでしょうか?
広告の適合性

更新されたガイドラインのページは、自己診断をする際に役立つ事例やヒントが増えていますので確認してみてください。ちなみに自己診断は適当に行ってはいけません。ヘルプページには

自己診断で悪質な誤りが繰り返された場合は、YouTube パートナー プログラムへの参加資格を失う場合があります。

と記載されており、誤った診断を何度もしていると収益化ができなくなる可能性があります。

ゲーム動画の収益化に関する新しい情報ページ

ゲーム動画は一般的な動画と比べて、暴力的なコンテンツなど制限が緩くなっている部分がありますが、それでも守らなければならないガイドラインはしっかりあります。

先程の広告掲載に適したコンテンツのガイドラインの中から、ゲーム動画の収益化に焦点を合わせてガイドラインをより明確に説明されたページが追加されました。
ゲームと収益化

ゲーム動画の収益化に関する新しい情報ページ

どのような言葉を言ってはいけないのかや、「最初の 30 秒が経過した後で聞こえる冒とく的な表現」であれば収益化できるなど、詳細な内容・事例が記載されています。ゲーム動画を公開している方はぜひご覧になってみてください。

チャンネルメンバーシップ機能が1,000人で開放

YouTube での収益化手段の一つであるチャンネルメンバーシップ機能が、チャンネル登録者数1,000人以上で開放されるようになりました!以前はゲームチャンネルのみ1,000人以上で、その他のチャンネルは30,000人以上という条件でしたので、かなり条件が緩和されたことになります。

チャンネルメンバーシップを有効にしたい場合は、パソコン版の YouTube Studio [収益受け取り]から[メンバーシップ]タブを選択し、特典などを設定することで可能になります。
[メンバーシップ]タブ

ただし子供向けチャンネルであったり、ポリシー違反に該当する動画が相当数あったりする場合はメンバーシップの項目が表示されません。またこの機能は段階的に展開されているため、問題のないチャンネルであっても表示されていない可能性があります。この場合は機能が開放されるのをお待ちになってください。

YouTube Studio でコミュニティ投稿を管理する

パソコン版 YouTube Studio の[コンテンツ]のページで、アップロード動画やライブ配信だけでなく[投稿]も管理ができるようになりました。
コミュニティ投稿を管理する

チャンネル登録者数1,000人以上になると使えるコミュニティ機能ですが、コミュニティに投稿した内容が YouTube Studio の[コンテンツ]の部分でも管理できます。あまり使用されていない方が多いと思いますが(私もですが…)、YouTube はユーザーとのコミュニケーションを重要だと考えているので、投稿できる内容があれば活用してみてください。

関連記事(一部広告含む)