iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

FTPで誤って上書きや削除してしまったデータを取り戻す方法とは

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2016/06/01
[カテゴリ]Web・IT

「間違ってサーバーのデータを削除してしまった!」
「ファイルを誤ってアップして上書きしてしまった!」
「元のデータに戻したい!」

FTPイラスト

このようなミス、たまにありますよね。FTPを使ってサーバーにあるファイルを操作したりデータをアップしたりする際、上書きしたり削除してはいけないデータを操作ミスで上書き・削除してしまったら・・・。かなり冷や汗が出ますね。

私も実際にこのようなミスは何度か経験しています。普段から注意しているつもりでもやってしまうものです。

大切なのはこのようなミスは必ず起こることを前提として考え、常にバックアップを取っておくことです。何度か当サイトでもバックアップの重要性についてはお伝えしておりますが、特にWordPressのようなウェブ上でデータを作成していくものは、ローカル(自分のパソコン)に作成したデータが保存されませんので、データベースを含めたファイルを丸々バックアップすることが大切です。

スポンサーリンク

ただバックアップをしていたとしても、それが常に最新のデータとは限りません。前回のバックアップからファイルを変更したり追加したものが消えてしまった場合はバックアップデータが役立ちません。

ではFTPでサーバーから上書きや削除してしまったら、以前のデータを戻し復元することができないのでしょうか?

その答は「以前のデータに戻せる可能性はある」です。

データを取り戻すには?

「戻せる」と断言できないのは、サーバー上のデータを上書きや削除でなくなってしまった場合、あなた(サーバー利用者)だけで復元することは不可能だからです。つまりサーバー側の手助けが必要なのです。

レンタルサーバー等では、万が一の時のためにサーバーのバックアップを定期的に取っているはずです。そのバックアップデータを復元してくれるサービスがあれば、以前の状態に戻すことができます。まずはサーバーにそのようなサービスがあるかを確認してください。もしサービスとして記載が無くても、復元が可能か問い合わせてみてください。

例えばレンタルサーバーで有名な『エックスサーバー』であれば、サーバーデータを毎日自動で保存して最大14日間分のデータを保持する「自動バックアップ」機能が標準で付いています。
server-backup

万が一の時には、自分が指定した日のバックアップデータを受け取ることができます(※データを受け取るには費用がかかる)。私もこのサービスのおかげで大切なデータを取り戻すことができた経験があります。

このようなサービスがあるか無いかもサーバー選びで大切な要素ではないかと思います。あなたがお使いのサーバーでも、バックアップデータを復元してくれるサービスがあるか是非確認してみてください!