iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

PayPal(ペイパル)のアカウントを削除・解約する手順

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2014/10/21
[カテゴリ]Web・IT

PayPalアカウントの削除・解約初期費用・月額費用なしに、簡単にクレジットカード決済を導入できることもあり、インターネット上での決済にPayPal(ペイパル)を利用する所は少なくありません。決済する側(お金を支払う側)も、PayPalアカウントを作りお店での買い物の支払いに利用するという方も多くなってきましたね。

しかしアカウントは無料で作成できるので、「以前に登録したことがあるのに再度登録してしまった」「アカウントがいくつもある状態」という方もいるのではないでしょうか。月額費用が取られるわけではないので、アカウントが複数あっても金銭的な問題はありません。しかし、クレジットカードや住所等が登録された不必要なアカウントを持っているのはセキュリティ上好ましいとは言えません。

もし複数のアカウントを持っていて、不必要なものがあれば削除・解約してスッキリさせましょう!

PayPalアカウントを削除・解約する手順と方法

残高をゼロにする

もしPayPalに残高があるのであれば、残高をゼロにしないとアカウントを解約できません。マイアカウント引き出しの「銀行口座へ引き出し」から、指定の口座へ全額振替ましょう。
残高をゼロに

未完了の取引がないか

例えば「決済サービス」利用されている方で、予定されている取引や未完了の取引がある状態で解約処理を行うと、それらの取引はキャンセルされます。例えば、お客様から定期購読で毎月決済して代金を受け取るという取引があるのに解約してしまうと、それがキャンセルされ代金を受け取れなくなります。その為、完了していない取引がある場合には注意してください。

またアカウントに制限がかかっている場合や未解決の問題がある場合には、アカウントを解約できません。

アカウントを削除・解約する

マイアカウント個人設定の画面左側にある設定をクリックします。
アカウントを削除・解約する

「アカウントタイプ」の「アカウントの解約」をクリックしてください。
アカウントの解約

セキュリティ対策として、クレジットカードの番号か銀行口座の番号を記載します。
セキュリティ対策

確認画面が表示されたら続行ボタンをクリックします。
確認画面

アカウントの解約理由としてアンケートがありますので、チェックを入れて続行ボタンをクリックしてください。
アカウントの解約理由

お問い合わせについて表示されますが、ここも続行ボタンをクリックします。
お問い合わせについて

最終確認画面です。アカウントを解約ボタンをクリックして完了です。
最終確認画面