無料ガントチャートでプロジェクト管理が簡単になるツール『Brabio』

無料ガントチャートでプロジェクト管理が簡単になるツール『Brabio』
(YouTube, AdSense, Play 公認エキスパート)
2020年12月10日 in Web・IT

複数の人で同じプロジェクトを行う場合、問題となるのが進捗度などの情報共有です。誰がどこまでタスクが進んでいるのか、次は何をすれば良いかなどを把握しておかないとプロジェクトが進みません。このような場合、「ガントチャート」を利用すればプロジェクトの進捗度も把握できるので便利です。

今回紹介したい『Brabio(ブラビオ)』は無料なのは5人までですが、操作性やインターフェイスが良いガントチャートです。無料でも全機能がずっと利用できるので、プロジェクトを少人数で行っている方にお勧めです。

スポンサーリンク

Brabioに登録してみる

まずはBrabioのサイトにアクセスします。
http://brabio.jp/

「フリープランを体験する」をクリックしましょう。
gant01

メールアドレスを記入して「次へ」をクリックし、「送信する」をクリックします。
gant02

登録のためのメールが送られてきますので、メール本文中にあるURLを開きます。
メールのURLをクリック

名前やパスワードを入力します。
gant04

グループ名を入力したら「スタート」をクリックして登録完了です!
gant05

Brabioを使ってみる

最初はBrabioの使い方が登録されています。上から順番に、指示された通りに操作していくと、どのような機能があるのかが分かります。最初は一通り指示通りに操作してみることをお勧めします。
gant06

新しいプロジェクトを作るため、Brabioロゴの右側にあるグループ名をクリックします。
gant06

「プロジェクトリスト」の「+プロジェクトの追加」をクリックします。
gant07

プロジェクト名などの必須項目を入力して追加します。
gant08

ガントチャートを作る

「編集モードを有効にする」をクリックします。
gant09

「タイトルを入力」に記載して「追加」をクリックします。
gant10

追加した項目の行を選択して、何日から何日までかかるタスクなのかをドラッグして決めます。
gant11

これをタスクの数だけ繰り返し、「Brabioの使い方」で練習したように段落を変えたり、タスクとタスクとをリンクさせたりします。
gant12

作業が完了したら保存するのをお忘れなく!

タスクと進捗状況はカレンダーで確認することも可能です。プロジェクト管理に役立つガントチャートが、直感的にサクサク作れますので、プロジェクト管理に困っている方はぜひお試しください。