iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!
Facebook twitter YouTube Feedly Feed

注意!「Amazon Services Japanアカウントに確認が必要」は詐欺メール

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2019/08/18
[カテゴリ]Web・IT

注意!「Amazon Services Japanアカウントに確認が必要」は詐欺メール

Amazon を利用している方は非常に多いわけですが、その利用者を狙った詐欺は少なくありません。私のところにも Amazon っぽいところから下記のメールが届きました。ログイン情報を抜き取るための、いわゆるフィッシングサイトを使った詐欺メールでした。

件名:Amazon Services Japanアカウントに確認が必要
メール送信元:admin@edm1.hgffsfnb.com
本文:
平素は Amazon.co.jp をご利用いただき、誠にありがとうございます。

突然のご連絡となりまして大変恐縮でございますが、この度は重要な連絡があり、メールをお送りさせていただきました。

アカウントへのアクセスが制限されています。

アカウント情報の一部が欠落しているか間違っているようです。したがって、問題が解決されるまで、お客様のアカウントへのアクセスは一時約に制限されています。

48時間以内にアカウントを確認することをお勧めております。

ロクインアカウント

このメールの送信は、あなたの情報の有効期限が切れたときに行われます。私たちの頻繁な利用を参照してください。

今後とも、とも、Amazon.co.jpならびにならびにフルフィルメント by Amazonをよろしくお願いいたします。

Amazon.co.jpカスタマーサービス

http://www.amazon.co.jp/marketplace

amazonを装ったメール内容

他にも「Amazon Services Japan重要情報についての通知」という件名で下記のメールも届いたことがあります。

ご注意ください!
大変申し訳ございません、あなたのアカウントは閉鎖されます。

あなたのアカウントAmazonを更新できませんでした、
これは、力ードが期限切れになったか、請求先住所が変更されたなど、
さまざまな理由で発生する可能性があります。

Amazonをご利用いただきありがとうございますが、
アカウント管理チームは最近Amazonアカウントの異常な操作を検出しました。
アカウントを安全に保ち、盗難などのリスクを防ぐため、
アカウント管理チームによってアカウントが停止されています。
24時間以内にあなたの情報を更新しない場合、
アマゾンアカウントで何ができるか的を絞ってください。

ロクインアカウント

なぜこのメールを受け取ったのだろうか?
この電子メールは、定期的なセキュリティチェック中に
自動的に送信されました。
当社はお客様のアカウント情報に完全に満足しておらず、
引き続きサ ービスを継続的にこ利用いただくためにアカウントを更新する必要があります。

その他にも「Amazonアカウントを利用制限しています」など件名や文章が異なるものがたくさんあります。

スポンサーリンク

ログインは絶対にしないで!

今回届いたメールの送信元は明らかに Amazon ではないのですが、人によっては Amazon っぽいドメインを使用している場合があるので、メールアドレスだけで判断しないでください。しかも普段 Amazon を使用しているメールアドレスとは全く関係のないメールアドレス宛に届いていました。

また「ログインアカウント」(*メールではロクインアカウントとなっている…)のリンク先以外は本物の Amazon になっていますが、「ログインアカウント」のリンク先はフィッシングサイトです。 Gmail から開こうとすると[不審なリンク]という警告が表示されました。
不審なリンク

確認のために「ログインアカウント」をクリックしてアクセスしてみたのですが、セキュリティソフトが反応して閲覧することができませんでした。

今回届いたメールは精度の低い詐欺メールで簡単に見破ることができましたが、本当に Amazon から届いたと思ってしまうような詐欺メールも世の中には出回っています。ログインさせようとする内容には十分注意してください!

あなたのシェアがとても嬉しい!

関連記事(一部広告含む)