Wi-Fi ルーター&モデムをスッキリ隠して収納!無印のファイルボックスを使って

Wi-Fi ルーター&モデムをスッキリ隠して収納!無印のファイルボックスを使って

2021年02月23日 in 生活

家で快適にインターネットを利用するために Wi-Fi をお使いの方は多いと思います。しかし Wi-Fi のルーターやモデムは存在感があり、ケーブルも出ているので部屋の中でゴチャゴチャとした印象を与えてしまっていないでしょうか?

おしゃれな部屋や綺麗に整理整頓された部屋であったとしても、Wi-Fi のルーターやモデムが台無しにしてしまいます。私の家でも Wi-Fi のルーターとモデムが目障りで何とかしなければと思っていました。
 Wi-Fi のルーターとモデムが目障りで隠したい

ルーターやモデムを隠すための商品は探すといくつかあります。例えばこのようなものですね。

重ねられるスリム蓋付きルーター収納ケース
モデムやルーター、HDDなど複数の周辺機器とコード類をすっきり収納! 2個組み合わせればスタッキング可能な蓋付きのルーター収納ケース。

ご自身の部屋に合っていればこのような商品を使用して隠しても良いのですが、もっとお手軽にできる方法もあります!それは100円均一や無印良品、ニトリなどで買うことができる収納ボックスを使用する方法です。

ルーターやモデムの大きさ、部屋に合いそうな形やサイズ・色などに合わせて購入されると良いと思います。私の場合は無印良品の「ポリプロピレンファイルボックス・スタンダードタイプ・ワイド・A4用ホワイトグレー 幅15×奥行32×高さ24cm」を購入しました!

無印良品 ポリプロピレンファイルボックス
ホワイトグレー 約幅15×奥行32×高さ24cm

サイドに丸い穴が一つ空いていて蓋も別売りで購入することができます。(蓋と延長コードも購入済み)
無印良品のポリプロピレンファイルボックス・スタンダードタイプ・ワイド・A4用

ただしこの穴の大きさではコンセントが通りませんので、自分で穴を広げる必要がありました。
コンセントが通りません

カッターなどでも切ることは可能ですが、ジグソーのような工具があると短時間で簡単に切ることができます。
ジグソーで切る

刃が入りにくい部分はカッターで線をつけて折り曲げました。
折り曲げて切る

コンセントが無事に入りましたね。切った部分がギザギザしていたので、後でヤスリで削り滑らかにしました。
コンセントが無事に入りました

延長コードのコンセント1本を穴から外に出し、ルーターとモデムの電源はボックスの中に入れた延長コードに刺します。ネット回線をモデムに繋げるコードも穴から通してモデムに刺しました。
ファイルボックスの中にルーターとモデムを入れる

完成形がこちら。ゴチャゴチャして存在感があった Wi-Fi ルーターとモデムが上手く収納されスッキリと隠すことができました!
ゴチャゴチャして存在感があった Wi-Fi ルーターとモデムが上手く収納されスッキリ

ネットの接続にも問題ありません。今のところ熱がこもって熱くなることはありませんが、念の為に熱がこもらないよう、ボックスのサイドや蓋の部分に穴をいくつか空けておくと良いと思います。また収納するボックスは熱に弱いものや、燃えやすい紙のものは避けることをおすすめします。

関連記事(一部広告含む)