iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

七五三の神社はどこにすれば良いの?一目でわかるチャート図あり!

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2014/07/21
[カテゴリ]生活

sichigosan

七五三というのは、男の子が三歳と五歳、女の子が三歳と七歳に神社でお参りをする日本の伝統的な行事です。伝統的には11月15日にお参りをして、子供の成長と幸せを願いお祝いするものですが、最近では11月15日にこだわる人も少なくなってきているようです。

晴れ着姿を写真に残しておくために前撮りをする方も多いと思いますが、早い写真屋では4月に入ってから、7月に入ってから本格的に前撮りキャンペーンを行うところが増えます。「11月に入ってから」と考えている方は遅いので、早め早めに七五三用の晴れ着のレンタル・写真屋の予約を行っておきましょう。

どこにする?七五三の神社選び

さて、七五三では神社にお参りに行くわけですが、「七五三の神社はどこにすれば良いの?」と疑問に感じていらっしゃる方も多いでしょう。「大きな神社にしなくてはならないの?」と思われるかもしれませんが、基本的に地元の神社にするものとされています。

しかし、お祓いをしてもらいたいのに出来ない神社では困りますし、有名なところに行きたいという方、逆に混んでいないところが良いという方もいらっしゃるでしょう。必ずしも地元の神社にしなければいけないというわけではないので、自由に選択するというケースが多くなっています。

スケジュールを立てよう!

一言で「七五三」と言っても、お参りだけ or お祓もする、地元にする or 遠出する、いつ行うか等によって準備しなければならないことが異なってきます。例えば「車で2時間の有名な神社でお祓いをしてもらう」となれば、事前にお祓いの予約をし、朝早くにヘアセットをしてもらい、渋滞状況や経路を確認するという準備が必要になります。子供の体力もしっかり考慮しなくてはなりません。

時期をズラすか否かによって、お祓いの予約状況や晴れ着レンタルの予約状況も異なります。時期をズラせばレンタル料金が割安になっていることもあります。

簡単なチャート図を作成しましたので、七五三の神社選びの参考にして頂ければ幸いです。
七五三チャート図

▼(A)になった方
混雑する状況を外せば、七五三もきっと余裕ですね!お祓いをしてもらう場合は予約を取っておいた方が確実で安心です。

▼(B)になった方
小さな神社であっても、11月15日付近は混雑が予想されます。お祓いをしてもらう場合は予約を取りましょう。また晴れ着レンタルや、当日写真屋に撮影してもらう場合も余裕を持って予約を取っておくことをお勧めします。

▼(C)になった方
大きな神社や有名な神社は、11月15日付近を外しても混雑する可能性が大です!移動距離が長い場合は特に渋滞情報に注意してください。人混みにも紛れることになるので、子供の体力を常に気にしてあげましょう。11月15日付近の場合は(B)同様に、晴れ着レンタルと写真屋の予約は取っておくのが確実です。

▼(D)になった方
(C)の内容に加えて、お祓いの予約は絶対です!ギリギリになって予約するのではなく、十分余裕を持って予約を取りましょう。