iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

AdSenseの収入アップに役立つ100の“ワザ”が分かる!

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2015/06/25

できる100ワザGoogle AdSense

以前ご紹介した『Google AdSense 成功の法則 57』に引き続き、染谷昌利さんがAdSense関連の本を出版されました。『成功の法則 57』もとても参考になる本でしたので、今回の本も楽しみです!

(前作の本についてはこちら)
【ブログで稼ぐ為に必要なことを染谷さんが“この本”で教えてくれます!】

今回出版されたのは『できる100ワザ Google AdSense 必ず結果が出る新・ネット広告運用術』というタイトルです。タイトルを見ればお分かりのように、Google AdSenseで収益をアップさせる為の“ワザ”が100個書かれています!100ワザ以外にAdSenseへの申し込み方法や審査について8個書かれているので、これからAdSenseを始めたいという方にも役立ちます。

実はこの本では、当サイトiscleも事例の一つとして掲載して頂きました!57ページに掲載されておりますので、是非ご覧頂ければ幸いです。

初級・中級者はもちろん、上級者にも役立つ!

100個もワザが書かれているわけですが、それぞれのワザには「初級」「中級」「上級」の3つに区分されています。さらに「スグ効く」「ジワリ効く」のタグが付けられています。

まず「スグ効く」であれば、AdSenseの収益アップにすぐに貢献する広告のサイズや配置・色・数などの具体的な最適化に触れられています。iscleも掲載して頂きましたが、様々なサイトでの実例を含めて解説されているので分かりやすく説得力があります。

あなたのサイトに配置してある広告は、「なぜそのサイズの広告をその場所に配置するのか」という理由をしっかり答えられるでしょうか。「クリックされやすいとネットに書いてあったから」という理由だけで配置していませんか?この本をお読みになれば「どうしてその広告をその場所に配置するのか」という理由も分かるでしょう。それが理解できれば、サイトに合わせて自分自身で理論的に広告を配置できるようになると思います。

広告の配置

上記のような広告のサイズや配置はとても大切な要素ですが、それだけが収益アップに貢献するわけではありません。より収益をアップさせるためには、「本当にその広告が収益に貢献しているのか」などを把握・分析し、それを改善していくことが大切です。

例えばAdSenseとGoogleアナリティクスを連携させれば、収益を上げているページを把握し、どのようなページであれば収益が上がるのかを分析することが可能です。ウェブマスターツールも活用すれば、収益につながっている検索キーワードも見つけ出すことができ、より収益性の高いページ作りに役立てることもできます。

また、なかなか解説している本がない「DFPスタンダード」についても掲載されています。DFPスタンダードというのは、GoogleがAdSenseとは別に提供している広告サービスです。AdSense以外の広告を管理・配信したりすることができるサービスで、上級者の方は是非目を通して頂きたい部分です。

その他スマートフォンでの最適化や回遊率を高める方法、SNSボタンの活用の仕方など数多くの役立つ情報が満載です!中級者・上級者の方にも「このワザを試そう」と思えるものがたくさんあると思います。あなたも是非この本を手にとって頂き、一つ一つできることから“ワザ”を試してみてください。「スグ効く」の項目ばかり注目するのではなく、後々の収益アップに貢献する「ジワリ効く」も着実にお試しになるのがお勧めです。