iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

WordPressのサイトのwwwあり・なしを変更・統一する手順

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2018/01/12
[カテゴリ]Wordpress

WordPressのサイトのwwwあり・なしを変更・統一する手順

WordPress でサイト/ブログを作成したけど、URL の www ありなしを間違って設定してしまったという経験はないでしょうか?例えば本当は www.example.com のように www ありにするつもりが、example.com のように www なしにしてしまったなど。

間違って設定してしまった場合、最初からやり直さなければならないと思われる方もいるかもしれません。しかし WordPress で作成しているサイトであれば、超簡単に www のあり・なしを変更することが可能ですし、統一することもできます。

www あり・www なしを変更する方法

まずは WordPress の管理画面に入っていただき、メニューから[設定]>[一般]を選択してください。すると「WordPress アドレス (URL)」と「サイトアドレス (URL)」というところに URL が記載されていますね。下図の例では www が付いていないものです。
wwwなし

www ありの URL に変更したい場合は、下図のように「www.」を2ヶ所に追加してください。
wwwあり

追加できたら最後に変更を保存ボタンをクリックして完了です!たったこれだけで www ありに変更することができました。www ありの状態から www なしにするのも同様の手順で、「www.」を2ヶ所から削除してしまうだけ。とても簡単ですよね。

これだけの作業で変更が可能ですし、また設定した www ありなしの方に自動的にリダイレクト(転送)されるようになっています。つまり www ありで設定したのであれば、http://example.com/ へアクセスしても http://www.example.com/ へリダイレクトされるのです。

スポンサーリンク

しかし稀にリダイレクトがされない場合があります。その場合は .htaccess でリダイレクトの設定をする必要があります。

.htaccess で www ありなしを統一する

もし WordPress の設定だけで www ありなしの正規化(統一)できないようであれば、.htaccess へ下記のコードを入れてください。

www ありに統一する場合

Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^example\.com$
RewriteRule ^(.*)$ http://www.example.com/$1 [R=301,L]

www なしに統一する場合

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www.example\.com$
RewriteRule ^(.*)$ http://example.com/$1 [R=301,L]

※ドメインはご自身のものに変更をしてください!サーバーにアップしたら問題なく作動しているかご確認ください。

関連記事(一部広告含む)