iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

リンク切れを自動でチェック・処理できるプラグイン『Broken Link Checker』

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2014/07/04
[カテゴリ]SEO, Wordpress

自動でリンク切れをチェック・処理長い期間Webサイトを運営していれば、貼っていたリンク先ページがなくなっているということはよくあります。いわゆる“リンク切れ”ですね。リンク切れがあるページはページがしっかりと管理できていないと見做され、SEOの面においても好ましい状況ではないと言われています。

しかし、特にページ数が多いサイトはリンク切れをチェックするだけでも大変な作業です。その作業を自動で行い、処理までしてくれるWordpressのプラグイン『Broken Link Checker』を利用してみてはいかがでしょうか?

このプラグインは、サイト内にあるリンク先を定期的にチェックしてくれるというものです。チェックだけでなく、リンク切れになっているリンクに対して自動で「rel=”nofollow”」を追加したり、アンカーテキストに取り消し線を入れることが可能です。

スポンサーリンク

Broken Link Checker の使い方

まず管理画面の[プラグイン]>[新規追加]から[Broken Link Checker]を検索してインストールしてください。インストールしたら[設定]>[Broken Link Checker]で各種設定を行います。

[一般]タブでは何時間ごとにリンクチェックを行うかなどを設定します。[リンクの調整]にある「検索エンジンがリンクエラーをリンクしたと認識しないようにするリンクエラーにrel=”nofollow”が付きます」にチェックを入れておくと良いでしょう。
broken01

[リンクチェック対象]タブでは、投稿・固定ページ・コメントなどチェックするページを設定することができます。

[リンク種類チェック対象]タブでは、チェックするリンクの種類を設定できます。HTMLのリンクだけでなくYouTube等の動画リンクもチェックすることが可能です。

[プロトコル&API][高度な設定]タブはそのままでOKだと思います。[変更を保存]すれば設定は完了なので、あとはリンクがチェックされるのを待ちましょう(チェックには時間がかかります)。リンクにエラーがあると一覧から確認することができます。それぞれのリンクに対して[リンクを解除]をクリックするだけでリンクを外すことが可能です。
リンクエラーの確認

その場でURLを変更することもできるのでとても便利なプラグインです。リンク切れはSEOの面だけに限らず、ユーザービリティの観点からもよくありません。この機会にリンク切れチェックを徹底してみてはいかがでしょうか。

関連記事(一部広告含む)