iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

その検索順位は正しいですか?パーソナライズ検索を無効にする

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2014/08/06
[カテゴリ]SEO

あまり気にする方は少ないと思いますが、Googleで検索した時に表示されるサイトの順番は見る人によって異なります。つまり、あるキーワードで検索した際に表示されるサイトは、私が検索した場合とあなたが検索した場合では異なる可能性があるのです。これは一般的に「パーソナライズ検索」や「パーソナル検索」と呼ばれているものです。

パーソナライズ検索

例えば、検索しているユーザーが “過去に何を検索したか” “過去にどのようなサイトを観たか” “どの地域に住んでいるか(どこで検索したか)” などの情報によって、よりそのユーザーにとって便利なようにサイトの順番を変えて表示します。Google+等のSNSの繋がりによって変化するとも言われています。

一般のユーザーがこのパーソナライズ検索を気にする必要はないと思います。しかし、自分のサイト順位が何位なのかを調べる人にとっては気にしなくてはならないことです。例えば自分の会社やお店のサイトの順位を調べる際、このパーソナライズ検索を無効にしておかないと、一般の人が見る検索結果よりも自分のサイトの順位が上位に表示されているケースが多いのです。いつも自分のサイトを観ているのであれば、Googleが「この人にとって○○のサイトは重要性が高いから上位に表示させよう」とパーソナライズするからです。

パーソナライズの影響を受けない検索順位チェックツール等を利用しているのであれば問題ありませんが、そうでなければ正確なサイト順位は分かりません。「やった!上位表示された!」と喜んでいたのは、自分が観ている検索結果だけだったということもあり得ます。順位を気にするのであればパーソナライズ検索の機能を無効にしてチェックしましょう。

パーソナライズ検索を無効にする方法

右上のアイコンから

Googleアカウントにログインしているのであれば、検索結果の右上にある地球のアイコンをクリックしましょう。このアイコンをクリックすれば[プライベート検索結果を表示しない]設定になり、いわゆるパーソナライズ検索を無効にすることが可能です。
パーソナライズ検索を無効にする

逆に有効にしたい場合は人のアイコンをクリックするだけで切り替えが可能です!

シークレットモードで検索

Google Chromeの「シークレットモード」を利用して検索することで、パーソナライズされていない検索結果を表示させることが可能です。画面右上の三本線のアイコンから[シークレットウィンドウを開く]をクリックして検索しましょう。
シークレットウィンドウを開く

※Firefoxにも「プライベートウィンドウ」が、Internet Explorerでは「InPrivate ブラウズ」の機能があります。
InPrivate ブラウズ

※位置情報を元にした結果は変わらない

例えば「マクドナルド」と検索した場合、あなたが検索している場所から近いマクドナルドのお店の情報が表示されます。これもパーソナライズの一種と言えますね。

しかし[プライベート検索結果を表示しない]設定でも「シークレットモード」でも、この位置情報を元にした検索結果はパーソナライズされて表示されてしまいます。どうやら現状ではこれを非パーソナライズにすることはできないようです。

もし別の地域での検索結果を表示させたいという場合は[検索ツール]から地域を変更させることが可能です。
地域を変えて検索