iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

スマホが熱いとき保冷剤はダメ!?安全な冷却方法と発熱対策とは

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2017/07/27
[カテゴリ]Web・IT

スマホが熱いとき保冷剤はダメ!?安全な冷却方法と発熱対策とは

スマホが発熱して熱くなってしまうことって結構ありますよね。ちょっと温かいくらいなら問題ありませんが、触った時に「熱い!」と感じるほどになることもあります。まるでスマホがカイロのようになってしまうのですが、発熱をするとバッテリー(電池パック)の劣化を加速させたり、スマホ本体の故障の原因になったり、また操作が重くなりサクサク動かなくなります。

このページではスマホの発熱を防ぐための方法やスマホが熱いときに適切に冷やす冷却方法をご紹介致します。

スマホの発熱対策

まずスマホが熱くなってしまう原因を知ることが大切です。発熱の原因として考えられることは下記の通りです。

  • 長時間スマホを使用し続ける
  • 重いアプリを使用する
  • GPS が必要なアプリを使用する
  • アプリをたくさんインストールしている
  • 充電しながらスマホを使用する
  • 気温が高い場所や直射日光が当たる場所でスマホを使用する
  • バッテリーが劣化している

スマホは普通に使用していてもある程度熱を持つものですが、特に重いアプリを使用している時や GPS を使用している時に特に熱くなりやすいです。Google マップなどの地図アプリやポケモンGOのような GPS を使用するゲームは発熱しやすいですね。そのような重いアプリを使用する場合は熱を持ちすぎる前に休憩しましょう。また気温が高い場所で長時間使用しないようにすることも心がけてみてください。

アプリをたくさんインストールしている場合、不要なアプリは削除してみてください。アプリは使用していなくてもバックグラウンドで稼働し続けるものが多くあります。このようなアプリがたくさんインストールされていると、スマホの動作も重く遅くなりますし、バッテリーの消費も大きく熱を持つ可能性があります。

バッテリーが少なくなると充電しながらスマホを操作されている方も多いと思います。充電しながらスマホを使用するのはバッテリーを劣化させる原因にもなり、かつ発熱の原因にもなりますのでお勧めできません。

バッテリーが劣化していることが原因で発熱する場合もあります。もし特にスマホを長時間使用していないにも関わらず熱くなりやすいという場合はショップへ相談してみるか、バッテリーを交換してみましょう。バッテリー交換は自分で行うことも可能です。

Nexus5 BL-T9互換バッテリー 精密工具セット
Nexus5 用の電池パックと工具セットで、自分で交換ができます。

ちなみにiPhoneであれば下記のような物ですね。

iPhone6 互換 内蔵 バッテリー 交換用工具セット付き
iPhone6 用の内蔵バッテリーと固定用テープ+交換用工具セットです。

スポンサーリンク

スマホの冷却方法

もしスマホに熱を持ってしまった場合、熱を冷ます方法もいくつかあります。

  • スマホカバーを外してスマホの操作をやめる
  • 専用の冷却シートを貼る
  • スマホ用の送風機(冷却ファン)を付ける
  • 保冷剤を使用する ※要注意

まず熱を持ち始めたらスマホの操作をやめてみてください。スマホにカバーやケースを付けている場合は外すことで熱を逃しやすくなります。

直接的にスマホを冷やしたいと思われるかもしれませんね。そのような場合は専用の冷却シートというものが売られています。ノートパソコンにつける物を使用しても良いでしょう。

サンワサプライ ノートパソコン冷却パット
小さくて軽い。機器に貼るだけで強力放熱できる冷却パッド。8枚入り・ブルー。

本当に発熱にお困りの場合はスマホ用の送風機(冷却ファン)を付けるのがお勧めです。スマホの背面に、風を送り続けるファンを取り付けることで、常に熱を逃し続けると言うものです。

スマホ 冷却 ファン ケース型バッテリー
4400mAhのスマホ充電器やダブルブラケット付き

保冷剤を使用するのは故障の原因にも

手軽にスマホを冷やすことができるため、保冷剤をスマホに当てている方がいらっしゃいます。確かに凍った保冷剤を当てればすぐに温度が下がりますね。しかし冷たい保冷剤を直接スマホに当てて冷却するのは故障の原因になります。

特に凍った保冷剤の場合は結露しやすく水滴が付きます。この水滴がスマホに付くこともよくありませんが、実は直接スマホに当てることで、スマホ内部で結露が起こり水没する可能性があるのです。保冷剤と同様に、スマホを冷蔵庫や冷凍庫に入れることもしてはいけません。

関連記事(一部広告含む)