MacでもWindowsのようなファンクションキーに設定変更する方法

Macのファンクションキー
(YouTube, AdSense, Play 公認エキスパート)
2021年02月03日 in Web・IT

WindowsユーザーがMacを操作する際に戸惑うことはたくさんあります。一言でパソコンと言っても、WindowsとMacでは全然中身が異なります。私も普段はWindowsをメインに利用していますが、MacBook Airを購入・利用してみて戸惑うことがたくさんありました。

例えばファンクションキーです。ファンクションキーというのは、一般的なキーボードの上部に付いている「F1」「F2」…と書かれたキーです。ファイルを選択している状態で「F2」を押せば[名前の変更]を行うことができたり、テキスト入力時に「F7」を押せばすれば[全角カタカナに変換]することができます。

Macにも「F1」や「F2」のキーは存在しますが、初期状態では“音量調節”や“画面の明るさ調節”の機能になっています。つまり、そのままキーを押してもWindowsと同じように機能してくれません。

スポンサーリンク

Windowsのようにファンクションキーとして利用する

MacでもWindowsと同じようにファンクションキーとして利用するには「Fn」キーを押しながら「F1」や「F2」を押す必要があります。一応ファンクションキーの役割を果たすことができるということですね。しかし「Fn」キーを押しながらというのは正直面倒です。

「Fn」キーを押さなくてもWindowsのようにファンクションキーとして利用する方法があります。

まずシステム環境設定キーボードパネルに移動してください。
mac環境設定

キーボードタブにある「F1、F2などのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用」という項目にチェックを入れましょう!これだけでWindowsと同じように「Fn」キーを押す必要がなくなります。
ファンクションキーとして利用する

これでWindowsをメインとされる方も素早くキーボードを使いこなすことができますね!