iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

Webサイト運営者が知るべき10の重要なGoogleのURL

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2016/08/18
[カテゴリ]Googleサービス

Webサイト運営者が知るべき10の重要なGoogleのURL

Googleではwebサイト(ブログ等含む)の運営者に役立つツールや情報サイトをいくつも提供しています。多くの方が気にされているSEOに関する情報や、webサイトの改善点を教えてくれるツールなど様々です。

このページではwebサイト運営者が知っておくべきGoogleのツールや情報サイトなどをご紹介致します。どれもWebサイト運営者にとって重要なURLなので、ぜひチェックしてみてください!

Mobile Website Speed Testing Tool

Mobile Website Speed Testing Tool
https://testmysite.thinkwithgoogle.com/

webサイトがモバイルフレンドリーになっているのか、またモバイルサイトとPC向けサイトの表示スピードについてを点数で表示してくれます。英語ではありますが「スピードが遅いと別のサイトにアクセスしてしまいます」など、ちょっとしたコメントも表示されます。

メールアドレスを登録すると24時間以内にレポートが送られてきます。

PageSpeed Insights

PageSpeed Insights
https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/

PageSpeed Insights はモバイルとパソコンで見た時の表示スピードを点数で表示してくれるだけでなく、具体的にどこを改善すべきかを提示してくれるツールです。私もページ表示スピードを改善する際は、かなり使用して役立ったツールの一つです。

モバイルに関してはスピードだけでなく「ユーザー エクスペリエンス」として、そのサイトがモバイルでユーザーが操作しやすいか等をチェックしてくれます。操作性に問題がある場所も教えてくれます。

モバイルフレンドリーテスト

モバイルフレンドリーテスト
https://search.google.com/search-console/mobile-friendly

こちらは指定したページがモバイルフレンドリーかどうかをチェックしてくれるツールです。Mobile Website Speed Testing Tool と同様のツールですが、ダメな要素(モバイルフレンドリーでない要素)を教えてくれます。

ウェブマスター向け公式ブログ

Google ウェブマスター向け公式ブログ
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/

検索エンジンやSEOに関心のある方であれば必ずチェックすべき情報源がこの「ウェブマスター向け公式ブログ」です。SEO的な情報だけでなくwebサイトのセキュリテイ面やイベント、新しいツールの紹介など様々な最新情報が投稿されます。

頻繁に更新されるわけではないですが、重要なGoogleの公式情報を手に入れることができるブログです。

Google ウェブマスター コミュニティ

Google ウェブマスター コミュニティ
https://plus.google.com/communities/115069764931066832848

Google+で運営されている、日本のウェブマスター向けのGoogle公式コミュニティです。Googleサーチクオリティチームが投稿する最新情報の他、定期的に動画で一般ユーザーの質問に答える「ウェブマスターオフィスアワー」も開催されます。コミュニティなので一般ユーザーも投稿をすることができ、他の参加者と情報交換を行うことができる場所です。

Google+はやっていないという方もいらっしゃるでしょうが、公式の最新情報を得るためにも是非この機会にGoogle+もやってみてください!

Google アナリティクス

Googleアナリティクス
http://www.google.co.jp/analytics/

説明する必要もないくらい有名なGoogleのアクセス解析ですね。かなり高機能で様々な情報を取得可能ですが無料で使用ができるので、きっとあなたも使用されていることでしょう。アクセスしてくれた人はどのような端末を使っているのか、ブラウザ・言語・地域・性別・年齢など様々な情報を把握して分析に役立てることができます。

次に紹介する Search Console と連携させたり、Googleアドセンスとリンクさせることも可能です。

Search Console

Search Console
https://www.google.com/webmasters/tools/home?hl=ja

Search Console も必須ツールと言っても過言でもありませんね。SEOに関心がある人であればまず使用していることでしょう。アナリティクスでは分からないような、検索絡みの情報を詳細に取得することができます。例えばどのようなキーワード(クエリ)でどれくらい検索され、どれだけの人がアクセスしてくれたのか等が分かります。取得したデータを分析することで、どのキーワードに力を入れれば検索順位で上位に表示させることができるか等の戦略も立てることが可能です。

また検索エンジンへのインデックス状況やクロールの状況、webサイトのセキュリティ状況、手動による対策(ペナルティ)等がかけられていないかも確認することができます。webサイトだけでなくアプリも登録して管理が可能です。

構造化データ テストツール

構造化データテストツール
https://search.google.com/structured-data/testing-tool/

構造化データを設定している場合に、それらが正しく記載されておりエラーや警告がないかを確認できるツールです。AMP(アンプ)用ページにおいて設定に間違いがないか確かめる際にも使用します。

*構造化データというのは、検索エンジンにそのページがどのような内容なのかを知ってもらうためのものです。例えば飲食店を検索した際に、検索結果に星マークの評価やレビューの件数が表示されているものを目にしたことがありませんか?それも構造化データがあるから表示されています。
リッチスニペット

ウェブマスター向けガイドライン

ウェブマスター向けガイドライン
https://support.google.com/webmasters/topic/6001981

こちらはツールではありませんが、webサイトを運営しているのであれば必ず目を通すべきGoogleのガイドラインが記載されているページです。特に「品質に関するガイドライン」はしっかりと目を通してほしい部分です。

例えばどのようなことを行ったら検索エンジンから嫌われてしまうのか、どのようなページを作成すべきなのかが記載されています。このガイドラインは検索エンジンに注目している方だけでなく、Googleアドセンスを利用している人も確認しなければなりません。それはこのガイドラインに反するサイトはアドセンス広告を掲載してはならないためです。

コンテンツ削除依頼

法的な削除リクエスト
https://support.google.com/legal/

もしあなたが作成したオリジナルの記事や動画が、他人に許可無くコピーされてしまったらどうしたら良いのでしょうか?私も記事やサイトそのものを丸パクリされた経験があります。そのような場合は直接投稿者に削除するように連絡すればたいていの場合は削除に応じてくれるはずです。しかし連絡方法がなかったり削除に応じてくれない場合は、検索結果やYouTubeから削除してくれるように依頼することが可能です。

万が一の時、自分の権利を守るためにもこの削除依頼ページがあることを覚えておいてください。

ウェブマスター ヘルプフォーラム

ウェブマスターヘルプフォーラム
https://productforums.google.com/forum/#!forum/webmaster-ja

11個目のURLもご紹介します。もしSearch Consoleの使い方が分からなかったり、Googleの検索エンジンに関する質問(インデックスやクロール、検索順位など)がある場合に活用してほしいのが『Google ウェブマスター向け公式ヘルプフォーラム』です。フォーラムはユーザー同士で助け合う場ですが、エキスパートとして活躍する知識・経験豊富なベテランのユーザーが問題解決のために回答をしてくれます。