iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!
Facebook twitter YouTube Feedly Feed

アドセンスで収益化していたサイトを譲渡する正しい手順

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2019/02/14
[カテゴリ]アドセンス

こんにちは、Google AdSense 公式ヘルプコミュニティ エキスパートの竹中です。

アドセンスで収益化していたサイトを譲渡する正しい手順

今まで自分が管理運営していた Web サイトやブログを他人に譲渡するというケースがあるかと思います。例えば「友人にサイトを運営してもらうために引き渡す」「サイトを売却して運営者が変わる」など。

ドメイン移管やサーバー移転の手続きなどを行うことで Web サイトを譲渡することはできます。しかし譲渡対象のサイトやブログで Google アドセンスを使用し収益化していた場合はどのような手続きをすれば良いのでしょうか。

「自分のアドセンスアカウントで収益化していたサイトを譲渡し、譲渡先でもアドセンスで収益化したい場合はどうすれば良いのか?」という質問を頻繁に受けます。このページではアドセンスで収益化していたサイトを譲渡する正しい手順をご紹介いたします。(※下記は社員の方から情報を得ております。)

既に譲渡先でアドセンスアカウントを所有している場合

まずは、譲渡先がアドセンスアカウントを所有している場合の手順をご紹介いたします。※ YouTube 経由で取得したホスト型アカウントではない場合です。

手順としては下記の通りです。

1. 譲渡対象のサイトから自分の広告コードをすべて外す。

2. ご自身のアドセンスアカウント管理画面の[サイト]から対象のサイトの URL を削除する。
[サイト]から対象のサイトの URL を削除する

3. ご友人のアドセンスアカウント管理画面の[サイト]に対象サイトの URL を追加する。
[サイト]に対象サイトの URL を追加する

4. 審査用コード(自動広告と同じコード)を貼り付け、審査に合格すれば広告が表示される。

今まで自分のアカウントで審査に合格して収益化できていたサイトでも、再度譲渡先のアカウントで審査が必要なのかと思われるかもしれませんが、サイト追加により審査に通過する必要があります。

スポンサーリンク

まだ譲渡先がアドセンスアカウントを所有していない場合

上記では既に譲渡先でアドセンスアカウントを所有していることを前提としてお話いたしましたが、もし譲渡先がアドセンスアカウントをまだ所有していない場合は下記の手順となります。

1. 譲渡対象のサイトから自分の広告コードをすべて外す。

2. ご自身のアドセンスアカウント管理画面の[サイト]から対象のサイトの URL を削除する。
[サイト]から対象のサイトの URL を削除する

3. ご友人はアドセンスに新規で申込みをする。この時、申請するサイトは譲渡対象とは別のサイトにする。

4. 審査に合格しアドセンスアカウントが取得できたら、ご友人の管理画面の[サイト]に対象サイトの URL を追加する。
[サイト]に対象サイトの URL を追加する

5. 審査用コード(自動広告と同じコード)を貼り付け、審査に合格すれば広告が表示される。

異なるのは手順の3つ目です。アドセンスに新規申請する際に、譲渡対象の Web サイトを申請したいと思われるかもしれませんね。しかし、過去にアドセンスアカウント取得の際に使用されたサイトのドメイン(URL)は、再度アカウント取得の際に使用できない可能性が高いためです。

一度申請する際に URL を入れてみて「使用できない」旨の表示がされれば、別ドメインのサイトで申請して承認される必要があります。

上記がサイトを譲渡する際のアドセンスでの手順です。アドセンスアカウントの譲渡や共有に関する内容は下記ページをご確認ください。

あなたのシェアがとても嬉しい!

関連記事(一部広告含む)