iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!
Facebook twitter YouTube Feedly Feed

「PVを上げるには?」「リライトの優先度や頻度」などライブ配信6回目まとめ

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2018/12/13
[カテゴリ]アドセンス

「PVを上げるには?」「リライトの優先度や頻度」などライブ配信6回目まとめ

Google アドセンスのベテラン3人が、アドセンスや Web サイトに関するお困りごと等に対してアドバイスを行う企画。今回は6回目のライブ配信を行いました!概要のページはこちらです。

今回は久々に一般ユーザーの方から「サイトのアドバイスをして欲しい」というご応募がありいくつかご質問をいただきましたので、そのご質問に沿って回答をいたしました。このページではライブ配信で行ったアドバイス内容などのまとめをご紹介したいと思います。なお動画は YouTube で公開しておりますので、ぜひ動画でもご覧頂けると嬉しいです。

対象サイト「日本一の睡眠サイト」さん

今回アドバイスを行わせて頂いたのは「日本一の睡眠サイト」さん。下記の内容でご相談をいただきました。

アドセンス を始めたばかりで、本格的に収益化したく、アフィリエイトではなくアドセンス だけで生活できるようにビジネスとして成立させたいと考えています。

サイトPVの上げ方 & リライトの優先度や頻度・効果

PV の上げ方についてとリライトについてご質問をいただきました。

現時点では検索からのPVしか期待出来ないので、検索順位を上げるためにはキーワド選定?記事の育て方?PVを上げるポイントを知りたいと思っています。

初めて先日にリライトして一気に検索順位が上がった記事があってビックリしました。

事前にアナリティクスのデータを頂いたのですが、そのデータを確認する限り、PV は右肩上がりになっているのでこのまま記事の投稿を続けてもらうことがまず一つ。そしてそれら記事の中で PV が多い記事に関連した内容の記事を増やしていくと良いのではと感じました。

児島さんが Search Console の画面を共有しながら詳しく解説していただきました。Search Console の「検索アナリティクス」(新 UI では「検索パフォーマンス」)を開き、[合計クリック数][合計表示回数][平均 CTR][平均検索順位]を選択します。
検索パフォーマンス

検索実績があり表示回数が多いページをリライトした方が効率が良いため、クエリ一覧で[表示回数]順に並べ替えます。表示回数が多いページで検索順位が思わしくないものをリライトすることで、順位が上がればより多くの PV 流入につながります。
表示回数順に並べ替える

次は[平均検索順位]順位並べ替えてみてください。上位表示されているクエリから並んでいるわけですが、順位が11位~12位あたりのクエリに注目します。

11位ということは検索結果の2ページ目に入っているわけですが、これをリライトして1ページ目に入れば PV が増える可能性があります。リライトだけでなく、そのクエリに関連するページを増やしていくのも良いですね。詳しい操作については動画(8:00~)をご覧ください。

スポンサーリンク

ライバルチェックの方法

今は記事を増やすためあまり時間が取れていないのですが、先日の番組動画にあったネイバーまとめの記事分析みたいな話を、もう少し具体的に聞いてみたいと思います。

前回のライブ配信で児島さんがお話された内容で、NAVER まとめなど大規模サイトの中でも勝ち組記事になっているページを見て「どうしてこの記事が上位に表示されているのか」「勝ち組と負け組の差は何なのか」などを検証するというものです。テキストで解説すると長くなりますので、詳細は動画(21:50~)をご覧ください。

私自身の場合は検索して出てくるサイトを上から見ていくくらいで、最近はあまりライバルサイトは気にしすぎないようにしています。気にしすぎると疲れてしまいますし、新しい良いコンテンツを作成する時間も削られてしまうためです。

加藤さんの場合は時間があれば多くのサイトを見ているそうです。特にスマホサイトの構造(ボタンの位置や UI など)を見て、ユーザーにとって使いやすいサイトであるかなどを検証しているということでした。

実際のサイト管理に必要なチェックポイント

記事の管理(リライト)、アナリティクスなどのGoogle分析ツールで意識しているポイントや見方などサイト運営が初めてなので、何をどう管理したら良いのか、全然手が回っていませんが、記事数(コンテンツ量)がどのくらいで意識しないといけなくなるかなどの目安など。

私の場合であれば、あくまでもサイトのコンテンツにフォーカスすべきなので、ツールの使い方やツールそのものの管理に意識しすぎる必要はないと思っています。アナリティクスの設置、Search Console の設定とサイトマップの追加、先程の検索パフォーマンスを見れればまずは良いのではないでしょうか。

児島さんは先程の Search Console の分析は3ヶ月に一度ほど、アナリティクスであればページごと PV や、ユーザーの流入経路・離脱などの確認をチェックされているそうですが、ツールを眺めているよりもサイトを眺めている時間の方が多く頻繁にチェックはしていないそうです。

加藤さんの場合は、例えばページごとの平均滞在時間を見て、ユーザーがすぐに離脱してしまっているページにどのような問題があるのか・改善点はないかなどを見ているようです。その他にも離脱ページ、AMP エラーなど…。

また加藤さんの場合は、毎日・1週間毎・1月毎など定期的にデータをチェックしているそうです。ルールを作って定期的に見るか、それとも肌感で見るのかは人によりけりではというご意見でした。

WordPress プロフィールと記事コメント欄の表示

削除した方が収益性が上がると聞いたことがありその件に関する三者の意見

プロフィールのありなしに関して収益性との関連性については三者とも聞いたことがありませんでした。コメント欄に関しては、長くなってしまっているコメント欄を削除することで、ページ下部に行ってしまった広告の視認性が高まるのであれば収益も上がる可能性はあると思います。

またコメントをしに来る or コメントの返答をチェックしに来る人は、あくまでコメントを見たいという意識が強いので PV は上がるかもしれないけど広告までクリックされにくいかもしれません。そのため PV に対する収益は下がりますが、全体の収益額を下げてしまうものではないと考えられます。

収益性は別として、。管理できずサイトが荒れてしまったりしてはよくありません。コメントをしっかりと管理できないのであれば非表示にする方が良いと思います。またアドセンスではユーザーが投稿したコメントもコンテンツの一部として見られるため、ポリシー違反になり得るコメントや画像を投稿されると最悪アカウント停止の原因にもなります。

更新をしないとPVが落ちてしまうのか?

今の所、毎日更新していますが、更新をしないとやはりSEOに影響あり、PVが落ちてしまうのか?

これはコンテンツによりけりだと思います。例えば流行性の低いコンテンツであれば PV は落ちないし、流行性の高いコンテンツであれば PV 落ちると考えられます。

毎日更新することで記事数が増えて、結果的に PV が増えるということはあると思いますが、更新頻度そのものが検索順位には直接的には影響しないのではという意見でした。

今後も定期的に配信します!

その他にも成功事例や失敗事例、またアドセンスの広告配置や文章などについてアドバイスをさせていただきました。

2018年のライブ配信は今回で最後ですが、来年も定期的に行っていきたいと考えていますので、ぜひご覧頂ければ幸いです。また「サイト最適化のアドバイスがほしい」「アドセンスの疑問がある」「こんな配信をしてほしい!」などご要望がありましたら、お気軽に質問フォームのページからご連絡ください!チャンネル登録もしていただければ嬉しいです。

関連記事(一部広告含む)