iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

アドセンスでブラックリスト入りの独自ドメインか購入前に調べる方法

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2016/05/11
[カテゴリ]アドセンス

「アドセンス広告を設置したのにいつまでも表示されない。」
「自分はポリシー違反はしていないのに広告の配信が始まらない。」

このような状況でお困りではありませんか?実は、あなたは何も悪くないのにアドセンス広告が表示されないことがあります。その原因は使用しているドメイン(URL)にあるかもしれません。

ドメインがブラックリスト入り?

そもそもドメインというのは全てが新品(あなたが初めての使用者)であるとは限りません。以前に他の人が使用していたことがある可能性があります。それは『ムームードメイン』などで新規に購入した場合でもです。

もし以前にそのドメインを使用していた人がアドセンスを利用し、さらにポリシー違反等で広告配信が停止した場合は、ドメインの所有者が変わっても広告が配信されません。つまりドメイン自体がブラックリストに入ってしまっているのです。このような場合は別のドメインを再度取得してサイトを作らなければアドセンス広告は掲載できません。

「せっかくお金を支払って購入したのに!!」

本当にそう思いますよね。所有者が変わればブラックリストから外してほしいところですが、現状のシステムではできなさそうなのです。

スポンサーリンク

ドメイン購入前に調べよう!

上記のような残念な結果にならないように、ドメインを購入する前にアドセンスのブラックリストに入ってしまっていないか確かめることはできないのでしょうか?

「大丈夫!ドメインを購入する前に調べることが可能です。」

実は下記のツールを使用すれば簡単に調べることができるのです。まずは下記ページヘアクセスしてください。
Google Adsense Sandbox

検索ボックスにURLを入れ、国を指定します。「Japan」で良いですね。
adsense-sandbox01

入力してPreview Adsボタンをクリックします。すると広告の一覧が表示されます。
adsense-sandbox02

もしブラックリスト入りしているドメインの場合は下図のように広告が何も表示されません。ですからアドセンスで広告収入を得たいのであれば取得してはダメなドメインということになります。
adsense-sandbox03

日本語ドメインの場合

日本語ドメインの場合は注意が必要です。「あいうえお.com」のような日本語入りで検索しても広告が表示され問題なさそうに見えるものも、実はブラックリストに入っているということがあります。

日本語ドメインはピュニコード(Punycode)に変換したURLで検索して調べてください。例えば「あいうえお.com」をピュニコードへ変換すると「xn--l8jegik.com」になります。これが本来のURLなので、変換後のURLで調べなければならないのですね。

ピュニコードへ変換するには下記のサイトを利用してください。
日本語JPドメイン名のPunycode変換・逆変換

ピュニコード変換

日本語ドメインのURLを入れて変換ボタンをクリックするだけです。

せっかく独自ドメインを購入してサイトを作ったのに広告が表示されないということがないように、ドメイン購入前に必ずチェックしておきましょう!

関連記事(一部広告含む)