iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

LINEでブロックされてもメッセージを送る方法

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2014/10/16
[カテゴリ]LINE, Web・IT

LINEで「何回メッセージを送っても返事がない…」「既読が付かない」、このような方はブロックされているかもしれません。ブロックされると相手にはメッセージが届きませんので、当然のことながら既読も付きませんし、用件を伝えることもできません。

しかし、ブロックされてもメッセージを送る方法が存在します!最後の手段的な小技ですが、どうしても伝えたいことがある場合には使えると思います。

その方法の前に、自分がブロックされているか調べる方法がありますので、本当にブロックされているかを確認しましょう。

ブロックされているか調べる

相手に無料スタンプをプレゼントすることで調べることができます。「その他」→「スタンプショップ」から無料で取得できるスタンプを選択しましょう。「プレゼントする」を押して調べたい相手を選択します。
 

もしあなたがブロックされていると「すでにこのスタンプをもっているためプレゼントできません。」と表示されます。本当に持っているという可能性もありますので、別のスタンプを選択してやってみてもプレゼントできなければブロックされている可能性が極めて高いですね…。

ブロックされても伝えたいことがある

悲しいことにブロックされてしまった場合は、最後の手段として「ブロックされてもメッセージを送る方法」を使ってみましょう。

方法は簡単で「グループ」機能を利用します。「友だち」→右上の「+」アイコンから「友だち追加」の画面に移動し、「グループ追加」を押してグループを作成します。メンバーにはメッセージを送りたい相手を選択してください。
 グループ作成

大切なのはここです!グループ名にメッセージを入れてしまいます。グループ招待の通知が送られて、相手が見ることができるのはこのグループ名です。もし効果的なメッセージによって「参加」を押してくれれば、そのグループ内で再びトークをすることができます。最大20文字までしか入らないので本当に伝えたいことを記入して「保存」を押します。
line-block05

相手には「招待されているグループとして」このように表示されます。
招待されているグループ

拒否or参加

これでも拒否されたら…残念ですがキッパリと諦めましょう。しつこいのは余計嫌われますからね。