iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

iPadをレジにする3大アプリを比較!カード決済も導入可

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2016/03/14
[カテゴリ]アプリ

店舗で商売する場合に必ずと言っていいほど必要だった備品の一つが『レジ』ではないでしょうか。何をいくらで販売して、現金の出し入れがどれだけあるかを把握するのに必要不可欠なツールです。しかし今の時代はiPad等のモバイル端末があれば、レジアプリを入れることで簡単に、しかも管理も便利なツールに変えてしまうことができます。またコストも低価格・無料で利用でき、クレジットカード決済も導入させることが可能です。

今回はiPadをレジにするアプリ『Square』『Airレジ』『スマレジ』を紹介・比較したいと思います。

Square(スクエア)

Square
https://squareup.com/jp

初期費用:0円/月額費用:0円
シンプル/カード決済対応

このSquareは元々、モバイル端末でクレジットカード決済を月額費用無料で導入できることで有名となったサービスです。当初このサイトでも【スマホやiPadがカード決済端末になる「Squareリーダー」を試してみた】の記事でご紹介致しました。

Squareは自体はとてもシンプルなアプリで、現金販売の管理とクレジットカード決済での管理が行える程度です。複雑な要素がないので、商品数が少ない小規模のお店等ではレジとしても活躍できると思います。パソコンから簡単な売上管理や商品登録は行うことができます。
売上管理

在庫管理や顧客管理ができないですが、レジとしての機能は十分に備わっています。
>機能一覧ページ:https://squareup.com/jp/pos

Airレジ(エアレジ)

エアレジ
https://airregi.jp/

初期費用:0円/月額費用:0円
席の管理あり/カード決済対応

お店にとっての使いやすさを追求したレジアプリ。注文や会計・売上管理をスムーズに行うことができます。レジとしての機能はSquareよりも優秀で使いやすいものとなっています。しかも2014年3月下旬からSquareと連携させることにより、クレジットカード決済の導入と管理の連携ができるようになりました。

その他のAirレジの特徴として、席の管理を行うことができ空席状況の確認・タイマー設定も可能です。また「Airウォレット」というアプリとの連携で、お店の空席情報をお客様に配信したり、リクルートポイントが利用できるようになります(現時点では利用エリアは少ない)。

顧客管理はできませんが、席の管理が可能なので飲食店等で活躍できるのではないでしょうか。

スマレジ

スマレジ
http://smaregi.jp/

初期費用:0円/月額費用:4,000円~
顧客管理あり/在庫管理あり/カード決済対応

スマレジは有料ですが、顧客管理や在庫管理も可能な高機能レジアプリです。売上を見るためだけのものではなく、在庫や顧客の管理に売上分析まで行えるので、業務効率を上げる・販売活動に貢献するためのツールとして利用できます。

小売・雑貨・アパレル・飲食等のあらゆる業態に対応し、かつ小規模店舗から多店舗展開する企業まで対応している。単なるレジ機能だけで良ければAirレジで十分でしょう。しかし業務改善の為のマーケティングツールとして考えれば、有料であっても月額4,000円~程度なら高くはないはずです。