Gmailで有効期限&コピー・印刷・転送不可の情報保護メールを送る方法

Gmailで期限付き&コピー・印刷・転送不可の情報保護メールを送る方法
(YouTube, AdSense, Play 公式エキスパート)
2021年03月22日 in Gmail

Gmail ではメールが閲覧できる期間を制限する『有効期限付きメール』を送ったり、メール内容をコピー・印刷・転送・ダウンロードができないメールを送ることが可能だとご存知でしょうか?

2018年8月に実装された機能で『情報保護メール』と呼ばれています。

情報保護メールの特徴

この情報保護メールには下記の特徴があります。

  • メール閲覧ができる最短 1 日~最大 5 年までの有効期限を設定できる。
  • メール内容のコピー・貼り付け、印刷ができない。
  • メールの転送やダウンロードも不可。
  • SMS パスコードを設定することができる。

コピーや転送などもできないので、受信者にしか見られたくないようなメール内容の場合に重宝しそうです!また有効期限を設定できるので、必要以上にメール内容を残したくない場合に役立ちます。

※情報保護メールを使用した場合、メール内容のコピー・貼り付け・印刷・転送・ダウンロードができないようになっているのは解除できません。

スポンサーリンク

Google で有効期限を設定する

まずはいつものように新規にメッセージを作成してください。ウェブ版(パソコン版)でも Gmail アプリでも使用ができます!

  1. メッセージ記入欄の下部にあるメニューアイコンの中から「情報保護モードをオン/オフにする」をクリックします。
    情報保護モードをオンにする
  2. ※スマホの Gmail アプリの場合は右上のメニューアイコン(3つの点)から[情報保護モード]を選択してください。
     Gmail アプリの情報保護モード
  3. 有効期限を設定する画面が表示されます。「有効期限を設定してください」の項目で期限を選択してください。(※残念ながら現時点では期限を任意の日付で設定できません。)
    有効期限を設定する

SMS パスコード

  1. SMS パスコードを使用するオプションも用意されています。これを有効にした場合、メールを受け取り閲覧する際に6桁のパスコード(数字のパスワード)が必要となります。メールを受け取った場合の画面等は後述します。
    SMS パスコードのオプション
  2. ※パスコードを使用する場合、送信ボタンを押した際に受信者が SMS でパスコードを受け取れる電話番号を記入する必要があります。
    SMS を受け取れる電話番号
  3. 有効期限とパスコードの設定ができたら保存ボタンをクリックしましょう。メールに「メッセージの有効期限は 2018/08/18 です。」のように表示されていると思います。後は送信して完了です。

情報保護メールを受け取った側の表示

では情報保護メールを受け取った側にはどのように表示されるのでしょうか?まずメールを受け取って開くと下図のように表示されます。
情報保護メールを受け取った側の表示

メールを表示ボタンをクリックすると、いつもとは異なる画面でメール内容が表示されます。
保護されたメール内容の表示

SMS パスコードが設定されている場合

  1. パスコードが設定されているメールを受け取った場合、メールを表示ボタンをクリックするとパスコード送信画面が表示されます。
    パスコード送信画面が表示
  2. パスコードを送信ボタンをクリックすると指定されている電話番号宛に SMS で「Your Google verification code is 012345」というコードが届きます。
     Google から送信されたパスコード
  3. そのコード(数字)を Gmail の画面で入力して送信しましょう。するとメール内容が確認できるようになります。
    パスコードの入力と送信
  4. 有効期限が切れたメールを開こうとしても「このメールにアクセスする権限がありません」と表示され閲覧できないようになります。
     このメールにアクセスする権限がありません

パスワードなど重要な情報を送信する際は、ぜひとも情報保護メールを使用したいですね!

関連記事(一部広告含む)