iscle [イズクル] - あなたの生活に役立つネタを!

Googleがスマートコンタクトレンズの商品化を本格稼働か!?

竹中文人
執筆者:
[最終更新日]2014/07/16
[カテゴリ]Web・IT

Googleは2014年1月に「スマートコンタクトレンズ」という製品を開発していることを発表しました。 このレンズは無線チップやセンサー、人間の髪の毛よりも薄いアンテナが内蔵されたもので、涙に含まれる成分を測定することで糖尿病患者に血糖値の情報を提供できるなど、医療分野での活躍が期待されると話題になりました。

これがスマートコンタクトレンズの写真とされるものです。
Googleのスマートコンタクトレンズ
画像:Google公式ブログより(英語)

スポンサーリンク

これが発表された時は「本当にコンタクトにセンサーとか付けて通知とかできるの!?」「この写真はイメージで実物ではないのでは!?」と思った方も多いでしょう。私も、実現したとしても商品化されるのはずっと先の話だと思っていました。

しかし、7月15日(現地)スイス製薬会社の大手であるNovartis(ノバルティス)は、アイケア製品部門がスマートコンタクトレンズのライセンスをGoogleから受けることで合意したと発表したのです!つまり本格的に商品化に向けて稼働し始めたということでしょう。(現時点では、提携にあたっての金銭的な詳細は提供されていない。)

ノバルティスは、2015年初めまでに研究·開発・評価のために利用可能なプロトタイプができるように進めるとのこと。医療機器として捉えられるので商品化には認可が必要ですが、市場に出回るのも時間の問題ではないでしょうか。Google Glassやスマート・ウォッチを含め、ウェアラブル端末の開発や商品化がどんどん加速していきそうですね。